ガラスのパッチワーク

高校時代の友人のんの弟さんが
ステンドグラスの作家さんで、
時々、展示会なんかもしているらしい。

昔っから、ステンドグラスは憧れだったけど、
最近のステンドグラスは、また違った可愛らしさがある。
多分、ガラスの種類も色も豊富になったからなのかな。

今回、次女はキャンドルホルダー。
長女と私は初心者なのに無謀かもと思いつつ、パネルに挑戦(笑)

キャンドルホルダーは色々な種類の透明のガラス6枚と
好きなガラスを底板用に六角形にカットしてもらい製作。

その間に、私達はデザインから。。。
私はアンティークな感じが希望で、娘は薔薇のモチーフが希望。
それぞれ考えた中から、弟君先生に見てもらって、
初心者でもできそうなものを選ぶ。

まず、グラフ用紙にデザインを書き、
線が決まったら、色と使うガラスを決める。
これが結構、悩むんだなぁ。。。

そして、型紙となるボール紙にカーボン紙で写し
それぞれのピースを切り取る。

ガラスのカットは弟君先生にお任せして(ぇ)
カットされたガラスをスムーズになるように少し削り、
デザイン画の上に置いてみる。

おぉ〜〜なんとなく雰囲気でてきました〜〜♪

位置とか大きさとか確認しながら、微調整。
何だかガラスのパッチワークみたいよね〜。

ハンダがつきやすい様にピースの周りに
専用のテープを貼っていく。

これはピースが多いと大変だわ。
初心者のくせにピース多いワタクシめ、
キャンドルホルダー仕上がった次女に
手伝ってもらいました〜。

テープが貼り終ったら、ハンダで数箇所仮止めして、ずれないように固定。
そして、ハンダがつきやすい様にする液を塗り、
ピースとピースをハンダでくっつけていく。

弟君先生のお手本見てると簡単そうだけど、
きれいに滑らかにつけるのムツカシイ〜〜

表・裏・周りとハンダ付けをして、きれいに盛り上げる。
凸凹してしまった、ハンダを先生が滑らかに手直ししてくれました(笑)

最後にハンダを黒く染めて、洗って、乾燥、
ワックスで磨いて出来上がり〜〜。

って、なんと朝から、来てたのに、あっという間に6時。
一日中お手間を取らせてしまった〜〜

おかげさまでとっても満足のいく、良いものが出来ました。
有り難うございま〜〜す

次女作のキャンドルホルダー。

  

キャンドル灯すと。。。キレ〜イ。。。



私作ちょっぴりアンティーク風



長女作の薔薇のモチーフ




ちょっといびつなのはご愛嬌(笑)
現在我が家の窓辺を飾ってくれております。
太陽の光もとってもきれいじゃない??



機会があれば、また何か作りたいな〜〜



スポンサーサイト

べジフルカフェ 百菜

夕べからの雨が、朝は一旦やみ、テニスへ行ったものの、
空が真っ黒になってきて、1時間弱で、終了。。。

先週も雨で流れたので、まぁ、ちょっとでも
ストレス発散できたので、良かったかな〜??

お昼には時間も少し早いので、ちょっと
遠出をして、玉津にあるべジフルカフェ百菜さんへ。

チィと私は2回目の訪問。
ウエちゃんは念願かなって初訪問(笑)

チィと私はスペシャルランチ。
パスタ・天然酵母パン・お惣菜三種・フルーツ・デザート&ドリンク
がついて、1250円。100円アップで週変わりパスタ
(今日は春キャベツのクリームパスタ)をチョイス。

本日のパンはプレーン・胡麻・胡桃の三種。
パンにはオリーブオイルとお好みでピンクソルトをつけて。
お惣菜は春キャベツの和え物、じゃが芋煮、小松菜のおひたし。





メインの春キャベツのパスタ。
細めの麺にお野菜たっぷり。




ウエちゃん注文のスペシャル百菜。
六種のお惣菜、スープ、アボガドとアピオス入りのサラダ。
フルーツ、デザート&ドリンク付で1350円。
プラス100円で玄米にもできる。

こちらもお野菜たっぷり。
牛蒡の葉のおひたしって珍しいけど、
アピオスっていうのも初めて。
ウエちゃん曰く、さつまいものような感じだそう。




本日のフルーツはサマー清見とはるみ。
どっちも甘〜い。



はるみ??って??っていう顔をしていたら、
野菜ソムリエのオーナーさんが説明しにきてくださいました。
お忙しいのに、有り難うございます。

そして、デザートは人参ケーキ。




そして、こちらのお店ではフルーツ入りのお水を
ピッチャーでテーブルごとにサーブしてくれる。
りんごやらオレンジやらが結構、たっぷり入って、
フルーツの甘みのあるお水になってます。





こちらの食材はすべて有機栽培のもの。
オーナーさんが野菜ソムリエということで、
素材にこだわり、素材の味を活かした優しい味わい。

オーナーさんのブログはこちら


べジフルカフェ 百菜

神戸市西区小山3-7-1ポーセリアン1F
078-925-2151
Open:午前8時半〜午後4時(ディナーは予約のみ)
P:2台






篆刻セット購入。

これはホントに初心者向きの小さいヤツで
篆刻セットと篆体辞典で1500円くらいのもの。

石でも本格的になると結構お高い。

学生の頃、書道を選択している友人が
篆刻で判をつくっていて、いいな〜〜と思ってたんだけど、
「とめはねっ!」4巻冒頭で大江君と望月さんの二人が作っていて
次女と二人、同じところに食いついてしまった(笑)
おそるべしDNA。。。。

とめはねっ! 4 (4) (ヤングサンデーコミックス)の画像 とめはねっ! 4 (4) (ヤングサンデーコミックス) 河合 克敏


すっかりやる気満々の次女。
自分の彫りたい字も調べ済みのよう。
私のほうがちょっとだけ、用心深いみたい。
果たして巧く彫れるのだろうか。。。。

おくりびと    ★★★★


おくりびと [DVD]の画像 おくりびと [DVD]


最近DVD自体あんま、観てなかったんだけど、
さすがに世界的に評価を受けた作品ということで
おくりびと観てみた。

感想からゆうと、すんごい良かった。
観て良かったな〜と思った。

土地の情景やら、街のレトロ感とかも雰囲気があって、
すごく良いんだけど、山崎務ともっくんの表情がとっても良い。
笹野さんも良い役どころ演じてます。

「死」を題材としている作品だけど、
笑わせられるところも随所にあり、
悲しいだけではなく「死」といよりも
「亡くなった人を送る」ということを
とっても考えさせられたような気がする。

土地柄、お葬式のお手伝いやらにも
行ったりするので、納棺とかも何度も立ち会っているけれど、
この映画を観た後で、また立ち会う機会があるとしたら、
今までとは違ったことを感じるのかもしれないな。

本はノベライズ版と納棺夫日記。どちらも売れてます。


おくりびと (小学館文庫 も 3-4)の画像 おくりびと (小学館文庫 も 3-4) 百瀬 しのぶ    納棺夫日記 (文春文庫)の画像 納棺夫日記 (文春文庫) 青木 新門

阪急電車   有川浩



この前、阪急電車に乗って思い出したので、
こちらの本をご紹介。

阪急電車って、何といってもあのあずき色の車体が良い。
何十年も変わっていないこの色は、今ではレトロ感も
加わって、とっても愛おしい。

この前、夙川を渡る鉄橋を走る阪急電車と桜並木。
写真撮れば良かったな〜。

お話は阪急宝塚線(今津線っていうのかしら?)の
乗客達の短編で、それぞれのドラマが
最後は、うま〜〜く、つながっていく感じです。
西宮北口と宝塚を往復で綴っているのも、
有川さんの上手さでしょうか。

宝塚歌劇を始め、宝塚ファミリーランドやら、清荒神、
中山寺、そして、近辺にある有名私大やら、
子供の頃から馴染み深い土地がら、
読んでいくうちに、情景が思い浮かんできて、
宝塚ファミリーランドはもう無くなってしまったけれど、
また今津線に乗って、宝塚まで、行ってみたくなりました。

特に小林駅(笑)←読んだ人しかわかんないよね。

著者の有川浩さんもきっと阪急電車がお好きなのよねw
有川さんの思い入れがヒシヒシと伝わってきます。

雑貨やさん巡り@夙川

ようやく、お休みが一緒になった雑貨好きな娘と、
苦楽園のアンティーク雑貨のお店、kicaさんへ。

ず〜〜っと行きたくて、ようやく行けた♪
kicaさんがある苦楽園は夙川沿いで桜の名所。
ちょっと散りかけの桜並木を歩くのも、素敵。



kicaさんでは、店内くまなく巡り、2週か3週?(笑)
思う存分満喫したあとは、奥にあるCafeスペースでランチ。

娘はラップサンド、私はコーヒーカレーなるものを。
コーヒーの味はそんなにわからなかったんだけど、
美味しいカレーでした
もちろん、ラップサンドもお味見(笑)

 

レシートにはこんな可愛らしいミニチュアの鉄のアイロン。




なんだか、ここは時間の流れが違うよう。。。

素敵なフレームに心を残しつつ、娘はファイアーキングのカップが
忘れがたく、kicaさんを後にし、すぐ近くのこ・と・の・葉さんへ。

そして娘のお目当てのVanillachairさんへ向かう。
道すがら、出合ったセカンドルームさんものぞいてみる♪

今度は川沿いに夙川方面にくだりPUPPET座
残念ながら、お休みでした。

そして、どんどん増えてくるお花見客達やら、新歓で盛り上がる
大学生達の団体を横目でみつつ、夙川駅に到着。
分度器ドットコムさんへ。
娘にとっては、目新しいらしいけど、私にとっては昔懐かしい(笑)
珍しいものがあって、面白い。

さらに下り、JRさくら夙川駅近辺のSERCEさんへ。

さすがに疲れてきて、一休みしたいところだけれど、
芦屋まで足をのばす〜〜。

お目当てはBasket さん。
近くにはSpaceRやら、パン屋さん、Cafeなんかもある。

さらにさらに足をのばし←欲張りすぎっ!
摂津本山にあるアジア雑貨のNAIFSさんへ。

めっちゃいっぱい廻ったな〜〜(笑)
こんなに雑貨屋さんをめぐりまくったのは久しぶり。

NAIFSさんのすぐ近くの一日さんで、ようやく、一服。

娘は抹茶オーレ、私はほうじ茶杏仁の暖かいお茶セット。
お茶はオーナーさんのお勧めのかなやみどり。
めちゃ、うま〜〜。。。

 

お茶は、もちろん、おかわりできます。

岡本駅に行く辺りにもちらほら可愛いお店を
覗き見しつつ、満喫して、帰途へ。
楽しかったけど、足はくたくた〜〜(笑)

本日のお買い物。



娘のお買い物。

稲美さくらの森公園

先日、シフトが早あがりだった日。
お天気も良くって、お花見日和。

カメラが趣味の次女とミルクティーと
お花見団子をたずさえて、稲美さくらの森公園へ。

チラシに入ってた、地図どおりに行ったつもりが
何だか良く分からない、工業団地へ迷い込み。。。
近くにいた交通整理のおじさんに聞いてみたけど、
良くわからず、ウロウロしてると、さくらの森公園南とかいう
交差点に遭遇。無事到着。。。

坂を登って行くところから、もう桜並木で、
園内も桜がいっぱい。
まだ、木は若いけど、これだけ本数あると最高。



 

虫がいっぱいいるので、虫除け対策は必須だけどね(笑)

天使と悪魔  ダン・ブラウン


天使と悪魔 (上)の画像 天使と悪魔 (上) ダン・ブラウン

「天使と悪魔」映画化ということもあり、ドカドカっと、
商品送られてきてたんですが、展開するもの多くて、
小さめのコーナー組にしていたのだけれど、
いよいよ、5月公開だし、「天地人」の動きも
落ち着いてきているので、移動。

大々的に「天使と悪魔」コーナーにしてみましたw
すると、早速、手にとっておられるお客様がチラホラ。
嬉しいですね〜〜。

ダ・ヴィンチコード(上・中・下)、
デセプション・ポイント(上・下)
パスル・パレス(上・下)

それに加え、ロングセラー中の
「世界の神々」がよくわかる本
「天使」と「悪魔」がよくわかる本
ダ・ヴィンチの暗号99の謎 など。。

あと、秘密結社関係なんかも置いてもいいかも。。。

「天使」と「悪魔」がよくわかる本 ミカエル、ルシファーからティアマト、毘沙門天までの画像 「天使」と「悪魔」がよくわかる本 ミカエル、ルシファーからティアマト、毘沙門天まで   「世界の神々」がよくわかる本 ゼウス・アポロンからシヴァ、ギルガメシュまでの画像 「世界の神々」がよくわかる本 ゼウス・アポロンからシヴァ、ギルガメシュまで 造事務所


予告見ると面白そうだけど、
ダ・ヴィンチコードの時のような
旋風が巻き起こるんだろうか。。

ストック整理

何だか、良くわからんけど、
ストックの数を減らしなさ〜い。。。と
上からお達しがきたらしい。

平台に積む本の数まで指定してあるの。

そんなの、一律には絶対、無理でしょう。
売りたい本が売りたい時に売り場になきゃ、意味ないし。。。

上からのお達しって、もうちょっと、店ごとの
データーを元に、柔軟に対応できないものかしらね〜。

とりあえず、平台、入れ替えたもので、ストック多めに
置いてたヤツとかをちょっとずつ返品。

最近、売れ行きが落ち着いてきたものを
少々、在庫を減らし。。。

ここ2〜3ヶ月の新刊のストックをチェックしたり。。。

発注してもなかなか入ってこないけど、
ポロリポロリ売れるヤツは置いておきたいな〜。とか、
この作家さんのは返品したくない。。とか、あるんだけどな〜。

ちまちまストック整理中。。。

眠れぬ真珠  石田衣良


の画像


普段は、恋愛小説ってほとんど読まないんだけど、
友人のお勧めで、読んでみた。

もう若くはなく、でもまだ老いてはいない、アラフォー世代の
心の葛藤をうま〜く表現している。
大人の恋愛と芸術家としての一人で生きている女性の姿が
凛と描かれているのが、いい。

石田衣良さんっていうと、池袋ウェストゲートパークを
思い浮かべるけど、こんなお話も書かれるんですね。

池袋ウエストゲートパークの画像 池袋ウエストゲートパーク 石田 衣良

祝・27周年

先日、めでたく、27周年のワタクシ達。
この家に住んで、そんなになるのね。。。

良く、耐えたな(ぇ)。。。。しみじみ。。。

いえね、相方がどうのこうのっていうんじゃないのよ。
なんていうか、結婚って、相方とのことだけじゃないしね。
地域性のこともあるしね。

ま、ま、とにかく、お祝い、お祝い。

ちょっとだけ豪華にお寿司とオードブル。
そして、お酒は大好きな純米大吟醸瑞兆



美味しいんだよな〜〜

良い気分になったところで、寝ちゃいました(笑)

こんな感じで、続いていくんだろうな、
あと何年か、わからないけど。。。

6年ぶりの再会  余談

前出の彼ら、日本に住んで、1年経つので、
色々な場所に観光に行き、
色々と体験してるんだろうな〜〜
という予想に反し、今回初めてのことが多々あったらしい。

我が家の次女が着付けができるのと、
先日、ちょうど、卒業式で着物を出していたので、
着てみる〜〜?聞いてみると、
着た事ないので、ぜひ着たいという。

彼は相方の羽織袴、彼女は次女の振袖。
サイズが合わないのは、おいといて(笑)
二人の結婚式みたいでした。
この写真でクリスマスカードを作る〜と
彼ら、大喜びでした。

初日の夕食。海外の方のおもてなしといえば、
定番の「すきやき」よね。
あちこちで食べてるかもしれないけど。。。と思いきや、
「すきやき」も初めてだった。これにはびっくり。。。

ロープウェーも初めてだし、
お寺で鐘をつくのも初めて。

二日目のお座敷天ぷらも、
天麩羅うどんとかは食べるらしいけど、
揚げながら食べるのは初めてだったらしい。

1年住んでいるとはいえ、二人とも外人だし、
ホームステイではないし、お仕事しながらだし、
日本らしい体験って、なかなかできないものなんですね。

しばらく、日本にいるようだし、
色んな良い体験してもらいたいな〜〜。
と、彼らの叔母のような気分になったワタクシでした。

プロフィール

☆やむやむ☆

Author:☆やむやむ☆
マイぷれすからお引越ししてきました。
食べ歩きや雑貨屋さんめぐりが好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR