紫陽花@森林植物園

梅雨の合間に、ちょうど紫陽花が盛りの
神戸市立森林植物園へ。

平日なのにバスも来てるし、結構な賑わい。
前回、森林植物園に来たのは紅葉の頃、
この道歩いたな〜と記憶をさかのぼる。

一口に紫陽花と言ってもたくさんの種類があるんですね。

紫陽花といえば、これ、だよね。
これはヤマアジサイ(?)
青が鮮やかでキレイ。

 

こちらはシチダンカ。
シーボルトの植物辞典に描かれていたものの、
130年発見されず、幻の花と言われていたそう。
園内の紫陽花園で群生していて、ちょうど満開。



色んな色の紫陽花がキレイ。
紫陽花の色って、土の酸性度によるものなのか
DNAがほとんどの要因なのか、どうなんでしょうね〜?



長谷池では睡蓮も見頃。
かきつばたはほとんど終わりかけでした。残念。




先日購入した一眼レフ持参でパチパチ撮りまくる次女。
と、ブライスちゃんの撮影会の長女(笑)

いっぱい歩いて、ちょっと疲れたけど、
森林浴は気持ち良い〜〜。

帰りに長女が通る度に気になるという
ロールケーキ専門店Molaさんへ。

今回はショコラとプレーンを購入。
早速、長女宅で撮影した写真を
Wiiで観賞しながらティータイム♪

ふわっふわっ。で、シフォンケーキみたい。
プリンロールもちょっと気になる〜〜。

次回、また、色んなお店、発見しておいてね、娘よ(笑)

スポンサーサイト

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹



表紙の可愛さに惑わされるべからず(笑)
いきなりバラバラ殺人の遺体が発見されるところ
から始まる、結構、キツイお話です。

主人公は中学生の少女二人。
幼い頃に父を亡くし、母・兄との三人暮らし。
その兄は世の中を逸脱したような引きこもり生活。
早く大人になって、今の生活から抜け出たいと思っているなぎさ。

そこへ自分の事を人魚だという少女、藻屑が転校してくる。

この辺りで、ちょっと妄想入ってる?
ちょっと無理かも??とか多少思ってしまいましたが、
読み進むうちに、現代の世の中のありとあらゆる
問題点が浮き彫りにされたような気がしてきた。

「赤朽葉家の伝説」では桜庭さんを読み解けなかったけれど(笑)、
こちらは短いけれど、中身が濃いです。

蕎麦打ち修行@出石

先日の初蕎麦打ちで、辛酸を舐めた相方。
一度、名人に習おうということで、蕎麦打ち体験。

この前行った花のじゅうたんの三田の永沢寺
蕎麦道場へ行こうと思ったところが、菖蒲園が開園中は
お休みなのだとか。
色々と探したのだけれど、随時、蕎麦打ち体験できるところって
意外と少ないんですね〜。

皿蕎麦で有名な出石では数軒、やっているようなので、
そのうちの一軒、一鶴さんへ。

予約時間の10分位前に到着したが、人の気配ないんですが・・・。
少々不安げに暖簾をくぐると、店主さんが待っていてくださいました。

エプロンをつけて、手を洗って、早速、作業場へ。
・・・ってか、挨拶も説明もなく、いきなり始まったらしい(笑)

店主さんの真似しながら、粉を混ぜ、捏ねていき、
麺を伸ばしていく。
たねをくるくる回しながら外へ外へ押していく。
この辺りはちょっとピザと似てる?
ある程度伸びたら、麺棒にまきつけて、くるくる伸ばす。
あ〜あ、相方、力入れすぎて、破けっちゃったよ〜(笑)

いよいよ、麺切り。
相方はこの前経験済みのため、結構スムーズだが、
初めての私、手で、切る場所を動かそうとして、店主さんから指導。
包丁を倒して、移動していくのだそう。
うむむ・・、結構ムツカシイ。

茹でるのは店主さんがしてくださるそうで、
私たちはお店のテーブルへ移動。

出石は皿蕎麦なんで、こんな風に出されます。
一人前5皿なんだそう。



微妙に太さがばらばら(笑)



蕎麦の香りも良く、この前とは全然違う〜。
追加で数枚お願いしたところ、
店主さんの打った蕎麦、うま〜〜。
何か蕎麦のコシが違うんです〜〜。

って、蕎麦を堪能しているところへ、
数台の車が入ってきました。
次々注文が入り、お店が慌しくなってきました。

今、オープンの時間だったのね・・。
そりゃ、そうだよね、お店しながら、
蕎麦打ち体験なんて指導できないよね〜〜。

朴とつな店主さんで、職人さんっていう感じの方でした。
何となく掴めたのか、相方?
一鶴さん、お世話になりました。

帰りは但東町にあるシルク温泉へ。
なんで、シルク温泉っていうのかな〜??
良くわからないんですけど、絹製品が有名なのかな??
温泉は結構ぬるぬるしたお湯で、
温泉に浸かりながら、目の前の大きなガラスの窓から
深緑の山が見える。気持ち良い〜。
でも、温泉って相方と行っても一緒に入れないからな〜。
こういうのって、喋りながら、ゆっくり、入れるといいのにね〜。

休憩室で一眠りした後、玉子かけご飯の但熊さんへ。
実は、今日の私のメインは但熊さんだったんですね〜。(笑)
シルク温泉からは結構近い。
でも、知ってる人じゃないと、通り過ぎちゃうかも・・。

定番の玉子かけご飯とオムレツを注文。





うぅ〜ん、黄身が濃い。満足。満足。

珍しく平日にお休みをもらったので、どこも空いてて
とってもよかったな〜。
また行こうよ〜〜、平日に〜〜。(笑)

神の領域 堂場瞬一

神の領域の画像 神の領域 堂場 瞬一


陸上部の先輩のオススメで借りてきていた息子。
2週間くらい、放置してますが(笑)

学生時代に長距離選手だった神奈川県警の城戸検事。
箱根駅伝での苦い思い出からなかなか抜け出せずにいたが、
或る日遭遇した、殺人事件から、陸上会に潜む闇が浮かび上がってくる。

警察小説でありながら、過去の陸上の思い出をからませつつ、
核心にせまっていくストーリー展開は面白い。

最近、堂場さんの鳴沢了シリーズが人気ですね。

雪虫の画像 雪虫 堂場 瞬一


でもね〜、雪虫は売れてたんですけどね〜、
次巻以降が動き悪いの・・・。
何でかしら〜〜?場所が悪いのかな〜??

華麗なる回転レシーブ

いえいえ、只今、熱狂中のバレーボールのお話じゃございません。

先日のと〜ってもテニス日和な或る日、
いつものようにきゃ〜きゃ〜言いながら、
ゲームを楽しんでいた時、
華麗なる回転レシーブを決めたワタクシ。

ええ、本当に、見事にくるんっと一回転し、
起き上がったのであります。
自分でもびっくりしたけど。

その後、対戦相手のジンちゃんとキムさんに
やむやむちゃんの前には浅い球落としちゃダメだよ
・・っていう空気が流れていたのは気のせいか?(笑)

この歳になると、無理しちゃいけませんね。ホントにね。

プロフィール

☆やむやむ☆

Author:☆やむやむ☆
マイぷれすからお引越ししてきました。
食べ歩きや雑貨屋さんめぐりが好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR