和歌山旅行2007 その2

夜に激しい雷雨で一時停電になったりしたけど、
二日目もいいお天気。

出発前に宿の足湯へ。



海を眺めながらで、サイコー。
時間があれば、もうちょっとのんびりというところだが、
アドベンチャーワールドへ出発。


平日だからと安心していたら、すごい人。
中に入った頃には予約必要なイベントはすでに
いっぱいで、受け付け終了。あらら・・。


まずは、電車みたいなケニア号で、サファリを一周。


そしてパンダランドへ。
双子の赤ちゃんパンダ、愛浜と明浜。



ずっと、じゃれあって、団子状態。(笑)


劇仕立てのアイカライブ&イルカとクジラのショーの
マリンライブ。どっちもよかった。


巨大なクジラを想像していただけに、
どれがクジラなのか、最初わかんなかった。
ちょっと、説明が欲しかったかも・・。


ショーの後に水槽のガラスのところに寄ってきてくれました。
やっぱ、イルカ可愛い♪


午後のフィーディングタイムにふたたびサファリへ。
ウォーキングサファリで、ぞう、きりん、ライオンに
フィーディング。


ぞうさん、鼻、長っ(笑)


こんな間近できりん見たことないし。


ライオンはさすがに金網越し(笑)
大きな肉の塊も一飲み。すげ〜。

大人でも結構楽しかった。


姫路のセントラルパークでも同じようなイベントやってるらしい。
何回も行ってるのに全くノーマークでした(^^;A


帰りにすぐ近くのとれとれ市場でお土産をGETして帰途に。


魚の干物を買って帰った娘。
めちゃくちゃ美味しかったらしい。
我が家も買えば良かった〜。

来年は高野山と龍神温泉ね・・と来年幹事の姉。
・・って、もう決まってるんですか??早っ!

スポンサーサイト

和歌山旅行2007 その1

今年の夏の旅行は和歌山。


前回、このメンバーで行ったのは13年前。
まだ子供達も小さかった頃。


親戚の事でゴタゴタしていたこともあり、
相方と私は欠席で、子供達だけ母や姉妹にお世話になった。


小さい子をいっぱい連れて、かなり大変だったらしい(笑)


その頃ちょうど小学生だった娘たちにとっては、長い間、
夏の旅行の中でももう一度行きたいところNo.1だった。


今回、私は22年ぶり。
以前よりも、高速が整備され、近くなったが、
目的地、白浜&日置川はやっぱりまだ遠い。

ぜひ行ってみたい那智の滝と熊野大社は
さらにその先。近いのに、遠いな〜。


超有名な白良浜(しららはま)で海水浴。

ロッカー&脱衣所などの施設が、老朽化していて、
いい海水浴場なのに、残念。

100円で入れる浜辺の温泉はGOODなんですけどね。


てっきり白良浜から円月島が見えると思い込んでいたんだけど、
見えなかった。22年前泳いだのは白良浜じゃなかったんだな。
記憶って曖昧だ(笑)


宿に向かう途中、三段壁千畳敷に寄ってみる。

この辺りは断崖で波も力強い。
やっぱ、外海は波も荒いし猛々しい。
何か自然の力ってすごい。


本日のお宿はリヴァージュスパ日置川
もともと国民宿舎だったところ?みたい。
日帰り入浴もあるらしく、海水浴帰りらしき人達も
結構来てた。


お料理はお値段の割には豪華で、美味しかった♪

抹茶胡麻豆腐、前菜5種盛り、サイコロステーキ、鮎の塩焼き、
炭うどん、天麩羅、お刺身などなど。


満腹♪満腹♪

明日はアドベンチャーワールドへ。

紀香魂&紀香バディ

最近は芸人さんと女優さんの結婚という
パターンも増えてきていたけど、
陣内智則と藤原紀香が結婚っていうのには、
マジで、驚いた(笑)

地元出身のタレントさん二人っていうことで、
親近感があるし、二人とも結構好きなタイプ。

その二人の出会いやら結婚にいたるエピソードなんかが
紀香さんの言葉で綴られているのが「紀香魂」

の画像

披露宴の日に発売になったんだっけ。
すごい反響で、今でもちょこちょこ売れつづけている。

陣内との出会いやお互いの家族のこととか
あの時の報道は実はこうだったんな・・と読みながら
思い返す。

そんな二人のエピソードがメインではあるんだけど、実は紀香さんって
色々な事に気を使っている人なんだなぁ・・っていうのが
すごい伝わってきた。

風水のことやら、マクロビオティックやら、
美容のこと、加圧トレーニングのこと。

努力してるんですね〜。

そんな紀香さんが実際に使っているもの達を
紹介している本が「紀香バディ」

紀香バディ!の画像 紀香バディ!

こちらも発売以来、大反響。

一番興味をひかれたのが加圧トレーニングなんだけど、
加圧ベルトを購入するのに腕用と足用とで、10万円近く
するんだよな〜。
しかも、個人個人で加圧レベルが違うので
自分に合わせて、設定してもらわないといけないらしい。
しかもご近所にはスタジオもないしね〜。

最近、ユミリーさんの風水の本もよくみかけるなと
思ってたんだけど、これも紀香さんの影響だったのかな??

窓辺にぶら下げるクリスタルボールはいいな♪

以前に出版された藤原主義。
こちらもちょっと読んでみたい。

藤原主義―強く、美しい人になる61のヒント (幻冬舎文庫)の画像 藤原主義―強く、美しい人になる61のヒント (幻冬舎文庫) 藤原 紀香

配置変えデスカ・・・。

文庫担当になってから、2年とちょっと。

その前の文芸書から変る時は、充分にやった達成感と
他の分野もやってみたいという興味もあり、
自らの希望で文庫担当になった。

今回は上からの突然のお達し。
2年経ち、ようやく自分の棚が充実してきたと
感じてきたところだ。

そして、各出版社ごとの発注の状況も
自分なりのサイクルが出来上がってきたところなのだ。

新刊配本も増えて、かなりやりがいが出てきたっていうのに・・。

これを人に渡すのかぁ・・・。
ものすごく淋しくて、脱力・・・。

あとの人ちゃんとやってくれるかなぁ・・??

・・・つ〜か、やれんの??(強気)

悔しいけど、上の決定には従わざるをえない。
ただのパートだしね・・・。

で、何やるのかな〜?私。
他にやりたいとしたら、コミック希望ではあるが、
すでに担当さんいるしね〜。
どうなるんだろ〜。

渡すまでに夏の100冊後の平台、作ってしまわないと・・。
引出しのストックも整理するか・・。

世界陸上2007

終わっちゃいましたね〜、世界陸上。

先週、一週間は夕方からテレビにかじりつき。

世界陸上があるたびに、相方(昔の陸上部員)がコーフンしていたので、
毎年だったような気がしてたけど、2年に一回だったのかぁ。

去年から息子が陸上部に入ったせいか、大阪であったせいか、
今年はかなり織田裕二ばりにのめりこみました〜(笑)

暑さと湿度のせいか、リタイアする選手多かったですね。

この大会のために辛い練習を積み重ねてきた選手にとって
記録なし・・っていうのは、ツライだろうな。

日本選手も頑張っていたけれど、ホスト国ということで
かなりのプレッシャーだったんでしょうね〜。

逆にいえば、この過酷な状況でプレッシャーにも
打ち勝ち、練習以上の結果を出せる選手は本当にスゴイ。
それだけものすごい練習をしているんだろうけど。

女子棒高跳びのロシアの妖精イシンバエワもすごかったけど、
女子スプリント三冠のアリソン・フェニックスがまさしくカモシカのようだった。

どの選手もホントに鍛え上げられた、ほんとに惚れ惚れするような
肉体で、最近の選手達はオシャレで、0.01秒や0.1mmを争う競技で、
良いのかと思うんだが、へそピアスがまた似合ってるし(笑)
アリソンのドレッドヘアもとっても素敵。

日本新記録とかでさえ、予選突破が難しかったり、
世界の壁は厚いけど、来年のオリンピックが楽しみになったな♪



プロフィール

☆やむやむ☆

Author:☆やむやむ☆
マイぷれすからお引越ししてきました。
食べ歩きや雑貨屋さんめぐりが好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR