神戸三田プレミアムアウトレット

先週のお休みの日。
行きたい所あるんだけど〜、と相方に言ってみたら、
あらら、珍しく、行ってもいい・・と言う。
行くって言うと思ってなかったから、逆にオドロイタ(笑)

神戸三田プレミアムアウトレットはこの前オープンしたところだから、
混んでるかもな〜と予測はしていたが、なんと、
インター降りたところから、もうすでに、渋滞。

もうやめようかと思ったものの、迂回している間に、
少し先へ辿りつき、もう一回、チャレンジ。

右折で駐車場方向へ行くので、その信号でかなり
混んでいたらしい。

駐車場は土地柄か広大なので、車はどんどん
入れてもらえる。

デロンギ、ル・クルーゼやら、ローラ・アシュレイとかとか、
マリンピア神戸には出店していないお店を中心に巡る。

アクタスは期待していたんだけれど、
家具やさんにしてはスペースが狭いせいか、
物が少なくて、ちょっとガッカリ。

ブランドショップは大人気のようで、外にまで、
人があふれてた。

昼食はせっかくだから、三田屋にしようと
フードコートへ向かったが、すごい行列。
やっぱり同じ考えの人が多いのね。

1280円で三田屋のステーキランチが食べれるんだから、
お値打ちだよね。

ようやくランチGETしたものの、座るとこが空いていず、
相方がキレてしまった・・・。
仕方ないよな〜、空きそうなテーブルの横には
すでに誰かが横で待ってるし。

お隣にでっかいイオンがあるので、
そっちで食べるのもいい手かもしれない。

今度行くなら、絶対、平日。だな(笑)
スポンサーサイト

健康診断

3年前に今の会社に変ってから、パートタイマーにも
健康診断が行なわれるようになった。
今まで、全くなかったので、有り難いかぎり。

でも、たかが、パートタイマーの健康診断ですものね、
基本検診のみなのだ。

最近リアルの友人でもネットでもあちらこちらで
癌の発見があったりして、今回は基本+自費では
あるが、癌検診もお願いすることにした。

今まで、至極、健康体なため、35歳の時に
子宮癌検診をして以来、何もしてない・・。

もちろん、バリウムも飲んだ事ない・・。
ちょっとびびっております

そして、事前に検便。
これも息子が小学校卒業して以来、経験なし。
自分となると、いつ以来??

やり方もものすごく簡単になってる〜。

いざっ採取、と取り出したとたん、
ウィ〜ン・・っていう機械音・・。

はっ、しまったぁ〜〜!!

我が家は自動洗浄便座になったんだったぁ〜〜!!

流れて行っちゃったよ〜〜、大事なモノ〜。


庄司智春 「花のことば」

昨日の朝、「品川庄司の新刊ありますか?」
と、お客様が駆けつけてこられた。

てっきり、前にも本を出している品川が新刊をだしたのかと
思い、新刊の箱を探していると、

「品川じゃなくて、相方の方の。」って、おっしゃる。

あぁ〜〜、確か半月ほど前、ロンハーでやってましたね〜。

記憶がぐ〜〜んと、戻ってきた。
結構、良かったですよね。

確か、何かの雑誌に載るって言ってたような・・・。

確か、角川の企画だったような・・・。

その時、朝に店に出したばかりの
アルフィーの高見沢さんのアップが表紙の
別冊カドカワが浮かぶ。

お客様と一緒に確認すると、
あった。あった。ありました。

タカミーのアップがインパクトあるんで
気づかなかったけど、上の方にテロップのように
ちんまりと、告知してありました(笑)

庄司の「花のことば」お探しの皆様、
単行本ではありませんよ。
別冊カドカワに掲載ですよ〜。

ウオノメ その後

何とかしたいけど、えぐりとられるのはイヤな
小心者のワタシに
「バンソウコウみたいに貼るタイプものもあるよ。」と
キムさんが教えてくれた。

早速、薬局へ行ってみると、確かにあった。

薬剤師さんの説明によれば、
イ●コロリとかの液体だと、塗ったあと歩くと
床についたりするんだけれど、
バンソウコウの一部に液体を染み込ませてある
このタイプは汚れないし、一日中、患部に
薬が湿布されているので、手軽で良いとのこと。

で、早速購入し、使う事、数日。

貼りかえるたびに、白く柔らかくなった患部を
ピンセットなどで、少しずつ、取っていくと
芯もキレイにポロリととれました〜。

痛みもなくね(笑)

はぁ〜、スッキリ。

夏の定番は純文学

大手出版社3社の夏の100冊が揃った。

集英社は最近はすっかりお馴染みになった
みつばち君が、メインキャラ。
そして、今年は去年までとは違い
ナツイチ限定の装丁になっている。

夏の定番、「こころ」や「銀河鉄道の夜」は
蒼井優ちゃんの表紙だし、
太宰の「人間失格」はDEATHNOTEの小畑健さん。
これが、結構売れてるの(笑)
それ以外の本もかなり若者を意識した感じになってますね。

頑張ってますね、集英社さん。
こうなると来年の装丁も楽しみ(気が早い?)

新潮さんは、もうYonda?ですっかり定着してますが、
今年はハイビスカス柄のブックカバーがもらえるそう。

こちらも夏の定番は漱石の「こころ」ですかね。
あとは、「星の王子様」が結構出てるようです。

しかし、POP派手ですね〜(笑)
できるだけ、飾ったら、めちゃくちゃ賑やか。

そんなことを見ていると、角川さんが少し淋しい感じが・・・。
今月も新刊ラインナップ、結構、豪華だし、
内容で、勝負っ!!ってとこですか。

しかし、夏はなんで純文学なんでしょうね??

いつもは棚に静か〜に埋没しているのが、
目立つ場所に置かれるからなのか?
長い夏休みに時間をかけて、読みたくなるからなのか?
はたまた学校で題材になるのか?

何はともあれこの夏の文庫達の動きが楽しみ。

ウオノメ

随分前から、足の裏に
ちょい違和感あり。

痛みもないので、ほっておいたのだが、
最近、あたると、ちょっぴり痛い。
歩くのに支障がでるほどではないけれど、
気になる。

これて、ウオノメなのかなぁ・・・。
ウオノメ・・・?だよね?

イ●コロリで治るのかな・・・。
痛いのかしら?
一回で治らない場合は
治るまで繰り返す・・ですって。
いっぺんでは治らないのね。

皮膚科へ行こうかとも考えるも、
治療法検索してみると、麻酔をして
えぐりとる・・とか、電気メスできるとか、
って書いてあるし・・・。

えぐりとる・・ですよ?
痛いですよね?絶対。
コワイよ。そんなの。

アロエ酒で毎日湿布すると良くなる事もあるらしいが・・。

毎日重いもの支えてるから・・とボソッと相方。

・・って、治療法はダイエット??

かもめ食堂 ★★★


小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、     
この三人の顔ぶれだけで、もうすでに
かなり個性的(笑)


フィンランドのヘルシンキで食堂を営むサチエのもとに
色々な悩みを持つ人々が自然と集まり、
サチエの食堂が自然と街の人々に受け入れられていく。、
そんな様子が、微笑ましい。


北欧の自然やインテリアも素敵だし、
サチエが心を込めて丁寧に作る料理も素敵。

けれど、日本好きの青年に名前を漢字で書いてあげる場面は爆笑。
当て字なのは仕方ないけれど、そ、それは、可愛そうなんじゃ・・(笑)


おにぎりを食べて店を出たフィンランド人が、
ふと服についたご飯粒に気づくシーンは日本人なら
誰でも自然にするしぐさだけれど、そこをあえて、
表現する辺り、芸が細かいですな〜(拍手)


サチエの様に、凛として、でも自然体で
生きていけたら良いなぁ・・と思う。

それにしても、小林聡美さん、きれいになりましたね。

配達あかずきん 大崎梢



書店・成風堂を舞台に書店員が
謎を解決していく、短編ミステリー。

ミステリー自体はさほど複雑ではないんだけれど、
全編とおして、垣間見える本屋さんの日常が面白い。

文庫触ってる人でないと、きっと
わからないんだろうな〜的な暗号(?)だったり、
多くのお客様が本を探しに来られる時の
「こんな本、探してる〜」感とか、
うちの店は配達はやってないけど、
定期購読の取り置きだとか、
営業さん達のお話だとか、
本屋さんで働いた事のある人なら、
あるある〜、って頷く事、間違いなし(笑)

2作目・3作目も読んでみる?
プロフィール

☆やむやむ☆

Author:☆やむやむ☆
マイぷれすからお引越ししてきました。
食べ歩きや雑貨屋さんめぐりが好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR