片付け魔

先週の飛び休の一日、何を思ったか
相方が猛烈に片付け始めた。

あるんだよね〜。トキドキ。
普段は全くやらないのに、
突然、あることに燃え始めるっていうのが・・。

で、相方に触発され、ポチポチと片付け始める私。

徐々に片付けが乗っていく私を横目に
食事をはさんで、急速にテンションが下がる相方。

まっ、そんなもんだな(笑)

お休みも多いことだし、近藤典子さんの本を
片手に頑張るとしますか・・。

近藤典子のまるごと1軒大収納!―ハイヒールモモコさん宅の画像 近藤典子のまるごと1軒大収納!―ハイヒールモモコさん宅 近藤 典子




スポンサーサイト

空の境界(上・下) 奈須きのこ

空の境界 上 の画像 空の境界 上  奈須 きのこ 空の境界 下の画像 空の境界 下 奈須 きのこ

以前、ノベルズを担当していた頃に若い男性が
良く買っていかれる本で、ちょっと気になっていた。

著者の奈須きのこ氏は「月姫」でお馴染みの
はゲームクリエーターらしい。
それで男性ファンが多いのか(笑)

話は短編のようでもあり、続いているようでもある。
一話、一話の時差があったりして、最初はかなり
読みづらい。

上巻をクリアすると下巻の方は割とするする読めるし、
話の方も徐々に繋がっていくし、
単純にストーリー自体は面白い。
が、作中で魔術師蒼崎橙子によって解説される心理学だの
魔術論だのがやたらと難しいのだ。

二つの人格を持ち、二年間の意識不明から覚醒して
「直死の魔眼」を持つ少女、両義式と
人畜無害な少年、黒桐幹也のコンビは面白い。



詳しくは↓で
http://www.typemoon.org/kara/main.html

ɺή

親会社が変って以来、システムの変更だの、
売り場の配置換えだの、働きやすくなる環境なら
なんぼでも協力しますけどね〜。
どんどん働きにくくなっていく一方で、
今も店では辞めたがってるスタッフ続出中(笑)
他の店とかけもちし始めたスタッフも数名。

うちの店はとにかくスタッフ同士の仲が良い。
・・っていうか、仲良すぎっ。

この前までは適当に仲良かったのが、
最近では仲良い度が急上昇で、
職場がかなり馴れ合いの場に変貌。

しかも仲良い少人数グループが数組だったのが、
今では一つの大きな仲よしグループとなってしまった。

人間関係が悪いよりも良いのかもしれないけれど、
馴れ合ってしまうと、もうそこは職場ではないよな〜(溜息)
最低限の仕事を済ますと後はおしゃべり中心で、
いやいや、ちょっと、待て、やることはまだ山ほど
あるんだけど〜〜。ってな具合で・・。

そりゃぁ、一生懸命働いても、適当にさぼっていても
もらえるお給料は同じですからね(苦笑)

その波に乗るべきなのか・・と思ってはみるものの、
やっぱ、乗りたくないと思ってしまう私。
しばらくは傍観しつつ、葛藤しつつ、漂流するか(笑)



幸せなヤツ

最近、相方は朝起きると溜息をつく。
どうやら、夜中に目が何度もあいて、
そのたびにしばらく寝られないらしい。

熟睡できずに夢ばかり見るらしい。

寝たいのに眠れないのは本当に辛い。

まして、隣では、台風がこようが
ぐ〜ぐ〜寝ている幸せなヤツがいるのでは(笑)



和ダイニング 草花木果(そうかもっか)

最近、休みといえば、農作業の手伝いに
明け暮れていたのだが、それも一段落。
ようやく楽しみのテニスでストレス発散。

ストローク・ボレー・サーブと一通り
練習したあとのゲームが楽しい。

ボールや相手の動きが見える時ってあるらしい。
相手のダブルスの間をクロスにボールが抜けた時は快感(笑)
だが、反対に相手に逆をつかれることもある(汗)

汗を流してスッキリした後はランチへ。
今日は和ダイニング「草花木果」へ行ってみた。
何でも減農薬野菜を使ったこだわりの料理だそうだ。

ランチは1050円と1580円の2コース。
デザートとドリンク付きの1580円のコースにしてみた。

可愛らしいほっこりとした容器にちょこっと盛られた
料理が次々とテーブルに並ぶ。
炊き合わせ・刺身・天ぷら(蓮のはさみ揚げ・長いも・しし唐)
とろろとオクラの酢の物・吸い物・香の物。



どれもやさしい感じの味付けで美味しい
が、ただちょっと量が少なめ。男の人にはちょっと物足りないだろう。

デザートはバニラアイスクリームにキウィ。


私達的には満足(~~)v

和ダイニング 草花木果

加古川市別府町朝日町41-3
?&Fax:0794-36-8898

営業時間 11:30〜14:30
     17:30〜23:00

定休日/火曜日


調整中

働くべきか、働かざるべきか、しばらく悩んでいたのだが、
やはり収入が103万円を超えると、相方の給料からの負担が
大きくなるだろうということで、何とか今年は
103万円以内におさめようということになった。

ので、現在のところ今までよりもお休みを多いめにもらっている。
週3日勤務・・ということは週4日休み・・ということで。
つまり、働いている日よりも休んでいる日のほうが多い。

休みが多いと、普段ないがしろにしている
家の片付けが存分にできる。と、喜ぶべきだろうが、
義父と同居の身としては家にいて、暇そうにしている
と思われるのも嬉しくない。

農作業に従事している義父にとっては、
家にいると用事をしていようが、暇に見えるらしい。

かといって、たまには遊びにも行きたいが、
週に4日も遊び歩けるものでもない。
+外に出るとどうしてもお金もかかる。

休みの間に自分の担当の荷物は溜まるし。

嬉しいけれど、嬉しくない微妙な状態なのだが、
まだ、もうしばらくは調整が必要そうだ。

蜘蛛

先週はニュースでサソリが見つかったり、
にしきへびが見つかったり、
琵琶湖でピラニアが発見されたり・・。
何だか、日本ではありえないような生物の
発見が相次いだ。

連休二日目の昨夜、我が家にも
バカデカイ蜘蛛があらわれた。

最初に気付いたのは次女。
二階にあがろうと壁に手をついたところが
ふと見ると、バカデカイ蜘蛛が壁に張り付いているのを発見。
奇声を発して、階段から転げるように降りてきた。

普段見かけるくらいのちっこい蜘蛛なら
屁とも思わないんだけれど、
蜘蛛がでっかくて、長い足を八方に伸ばしている
姿は、ちょっとグロテスク。

殺虫剤片手にかかんにも退治しようとする息子と
輪ゴムで打ち落として、捕まえようとする相方。
どうやら相方がしとめたようだ。

毒蜘蛛じゃないんだろうな〜。
最近変なの多いからな〜。

ひとまず安心していたら、今度はゲームに熱中している
息子の前に現れたらしい。
またもや相方がしとめたようだが、
こんなにデカイ蜘蛛がひょいひょいあらわれるなんて、
一体、何匹我が家に生息しているんだ??

サソリやニシキヘビよりはマシだろうけど
有り難くもない。

せめて、家の中には現れないで

ルービックキューブ その2

約一ヶ月くらい前に、購入したルービックキューブ。
ガイドを頼りに6時間がかりで攻略した相方をよそに、
数日で、30分弱で攻略できるようになった息子。
やはり若い分、頭が柔らかいのか(笑)

それ以後も毎日、毎日、飽きもせずに
ルービックキューブとにらめっこ。

その甲斐あってか、15分でできるようになり、
最近では5分でできるようになった。

相変わらず、一面しかクリアできない私と
いいところまではいくんだけれど、
最後までクリアできない娘達。
再挑戦しようともしない相方。

皆で感心することしきりだったのだが、
先日、行なわれたルービックキューブの全国大会では、
90歳の男性、ものすごくゆっくりなのに所要時間1分。
小学生の女の子、所要時間1分45秒くらいだったと思う。
優勝の方のタイム・・な、なんと14秒!!

名人(2位の方)曰く、法則がありますので・・。だそうな。

おまけに目で見なくてもできると、後ろ手で、
クリアするまで16秒。

ふぇ〜、上には上がいますな〜。

息子よ、まだまだだね(笑)

冬のソナタ ★★★★


韓流がブームを巻き起こしてから2年近く経つ。
韓流にはまっている人達が、次々と韓国のドラマに
はまっていくのを横目で見つつ、
「恋愛物はどうもね〜。」と引き気味だったのだが、
ようやく、ようやく(笑)「冬のソナタ」を観た。

第1話・第2話はユジン(チェ・ジウ)とチュンサン
(ペ・ヨンジュン)が出逢い、お互いに好きになっていく
というストーリーなのだが、第3話から劇的に話は
展開していく。

初っ端、見始めたときは正直「少女漫画の実写版??」
だとか「高校生は無理でしょ。高校生は。」だとか、
ツッコミどころ満載で(笑)ストーリーも予想通りの展開で、
最後まで観れるかしら〜??と思っていたのだが、
ものすごくいいところで、一話が終わるもんだから、
次々観たくなってしまうという、ユン・ソクホ監督の
ワナですな〜、これは(笑)

おまけに風景の描写がきれい。
ロケ地に行ってみたくなる気持ち、わかりました。ハイ。

最初の二話がものすごく効果的に全体を通して、
何度も何度も使われていて、たった二話なのに
すごい意味があったんだな。やっぱり監督すごいよ。

しかし、三話以降、運命のいたずら、いたずら、いたずら・・で、
これすらも展開が予想できてしまうのだが、予想通りに進むところが
かえって、ウケているところなのかもしれない。

しかも不覚にも泣いてしまった

韓国語で観たためか、何度も繰り返される
「ビエネ」(ごめんなさい)とか「アラッソー」(わかりました)
とかが耳について離れない(笑)
ところどころ、日本語に近い言葉もチラホラでてきて、
やはり一番近い外国なんだな・・と変なところで、実感。

世間の皆様のようにペ様ファンになりはしないか・・と
ヒヤヒヤ見守る家族をよそに、ユジンを演じるチェ・ジウさんの
表情が可愛くて、チェ・ジウさんに惚れちゃいました(笑)

和牛ハンバーグの洋食屋さん kitchenまなべ

夏休みの間、休んでいたテニスが再開。
久しぶりのテニスは身体はついてこないし、感も鈍っている。
が、皆、楽しそうだ。

仕事のストレスから開放されて、家のシガラミから
開放されて、一番楽しんだのは、もちろん、私だ(笑)

そして恒例のランチも久しぶり。
今日はハンバーグが食べたいという希望で
kitchienまなべへ。

東加古川の県立農業高校のすぐ近くの池の前にあり、
店内は昔懐かしい洋食屋さん風のチェックの
テーブルクロスがかけられている。

和牛100%のハンバーグがここのお店の売りということで、
サラダ・スープ・パンorライス・ドリンク付きで1380円の
フライパンランチををチョイス。
ソースはデミグラスソース・和風ソース・クリームソース
トマトソースから選べる。

他にもオムライスランチや日替わりランチ
(チキン・魚の2種)780円などもある。

一人用のちいさなフライパンに和牛100%のハンバーグが
ジュージューいいながら、運ばれてきた。



やっぱり合挽き肉のハンバーグとはかなり味が違うな〜。
でもとっても美味し〜い♪
デミグラスソースも焼きたてパンも美味しくて、大満足。


和牛ハンバーグの洋食屋さん kitchenまなべ

加古川市野口町喜多野991-124
?:0794-20-0801
営業時間11:30〜21:00(火曜日のみ16:00まで)
定休日 無し

紋付袴

もうすぐ秋祭り。

常に見物人の私と殆んど参加人の相方。

私が参加したのって・・、子ども会の役員の時と
婦人会で炊き出しをした時くらい。

対して消防団だの、獅子舞だの、屋台だの、
神輿だのに常に引っ張りだこの相方。

で、今年はどうやら紋付袴なるものを着用するらしい。

うぅ〜む、あれを着ている人はお年を召した方だとばかり
思っていたのだが、ついに彼もその仲間入りだとは・・。
自分達がいつの間にかそんな歳になったっていうのを
納得するのはなかなかに難しいものだ(笑)

とはいえ、彼が着物なんて、結婚してこの方、
母が嫁入り道具にもたせてくれた、大島紬を
正月に何度か着たくらいで、紋付袴なんて、
持ってるわけがない。

義父の紋付袴を引っ張り出して着てみるが、
身長も体格も全く違うので、合うはずもない。

レンタルするといっても2〜3万円はかかるだろうし、
これから何度かは着る事になることを思うと
毎年レンタルするのも大変だ。

そうこうして悩んでいる時に、実家の母がいつも
贔屓にしていた呉服屋さんから、ご丁寧に
着物の洗い張りやしみ抜き、お直しはいかがですか・・と
手紙が届いた。

なんてナイスなタイミング(笑)

思い切って電話で問い合わせてみた。
ちょっと古い着物なんですけど〜、と
恐る恐る聞いてみたところ、見てみないとわからないけど
多分大丈夫ですよというお応え。

洗い張りからになるので時間がかかるというので
早速、お店に駆けつけた。

私達にはさっぱりわからないのだが、
あちらこちらを点検、相方のサイズを測ったりしながら、
次々とチェックしていく。

まぁ、長さ的にはできるところまで伸ばしましょう
ということになった。
期間もギリギリで間に合うかどうかというところだが
何とか頑張ってみますということだった。

気になるお値段だが、着物と羽織の洗い張りと
仕立て直しで2万5千円くらいということで、
それプラス袴と襦袢も追加したので、その倍くらいに
なるのかな・・。
今年から10回くらいは着るらしいことを思えば、
紋付袴を新調する事を思えば、
それくらいかかってもちゃんと仕立て直し
してもらった方が良いに違いない。

袴の着方もヒモの結び方も全くわからないので、
ついでに教えていただいた。

私達のように新調しないで、お直しの人ばかりが増えると
呉服屋さんもあがったりだろうな(笑)

稲刈りシーズン到来

台風一過、今年も稲刈りシーズンの到来。
運良く(?)今日から5連休に突入中。
・・ものすごぉ〜く、お手伝いできるんじゃない??

結婚した頃は稲刈りは10月頃で、
今よりも力仕事は多かったけど、
気候もそれなりに涼しくなっていた。

それから段々と作る品種も変ってきて
今では稲刈りは9月が定番になった。

機械化もますます進み、
体力的には楽にはなってきているのだろうけど、
年に数回しか使わない機械も
年々、古くなっていくわけで、
なかなか米つくりも楽ではない。

義父が刈ったモミを軽トラで運ぶのが
今回の私の役割。
オートマ限定なんていうのがなかった時代で、
これまた運良く(?)軽トラも運転できるのだ。

稲を刈り始めるとあちこちから野生の鳥達が
落穂や稲に隠れていた小さい虫たちを求めて
やってくる。

刈った後の稲藁は近くの牛舎の牛のえさになる。

ささやかな自然のリサイクルが行なわれていた。

カラオケ

何年ぶりだろう、カラオケになんて行ったのは・・。
長女が中学生の時以来?多分・・(汗)

最近のカラオケ屋さんは安い(笑)
平日だと11時開店から19時まで680円で
フリータイム&フリードリンクだというから驚いた。

ほぼ開店と同時に行ったが、すでに先客あり。
かなり来慣れていらっしゃる様子。

次女が会員登録する間に、
最近のカラオケ屋さんって中も広くて
いっぱい部屋もあるんだね〜なんて
浦島太郎状態の私とチイだ(笑)

最近、カラオケにはまっている次女が
どんどん操作、どんどん歌いたい曲を入れていく。
・・負けじと予約登録。

「地上の星」中島みゆき
「世界に一つだけの花」SMAP
「やさしさに包まれたなら」ユーミン(ふるっ)
「なごり雪」いるか(ますます、ふるっ)
「ピンクレディメドレー」(ふるい)
「津軽海峡冬景色」石川さゆり(次女のリクエスト)

・・・最近の(訂正:ちょっと前の)も歌えますとも・・。

「愛のために」上戸彩
「TSUNAMI」サザン
「さくら」森山直太郎
「BANG!BANG!バカンス 」SMAP

4時までぶっ続け・・。疲れた・・。

わかったこと。

オレンジレンジ・・・・サビしか歌えん。
サザン・・・・・・・・低すぎっ・・。
SHOW劇クリップ?・・・無理。

やっぱ昔の歌が良い(笑)
プロフィール

☆やむやむ☆

Author:☆やむやむ☆
マイぷれすからお引越ししてきました。
食べ歩きや雑貨屋さんめぐりが好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR