フォーチュン・クッキー ★★★★


店のスタッフがレンタル中のDVD、面白かったから
観る〜?って、又貸ししてくれた(笑)

ロック好きな女の子アンナと堅物で几帳面な
セラピストの母テス、イタズラ好きの弟ハリーとの
いつもの朝から始まる。

お互いを理解しようと思いながらも
うまく意思の疎通ができない二人。
中華料理屋で出されたフォーチュン・クッキーを
食べたことで、二人の中身が入れ代わってしまうのだ。

同じ人が演じている中、中身だけが違う人間になったということを
表現するのは、難しいだろうが、母親テスを演ずる
ジエイミー・リー・カーティスのコミカルな演技が見事だ。

対するアンナ役リンゼイ・ローハンもロックバンドを
演ずるために猛特訓を受け、見事な演奏を披露している。

身体が入れ代わった事で、理解し合えなかったお互いの
生活を実体験することで、ようやく分かり合え
テスの身体のままのアンナが、今まで伝える事のできなかった
自分の本当の気持ちを伝えるシーンはホロリと涙を誘う。

ずいぶん前になるが、日本でも「転校生」という
階段から落ちてぶつかった時に同級生の男の子と女の子が
入れ代わってしまうという映画があった。
あの時は確か男の子が入ってしまった女の子の役を
小林聡美が演じていて、これも見事だったことを
相方と二人して思い出した。

スポンサーサイト

のだめ旋風

うちの店では、いつの頃からかスタッフ間での
コミックや本の貸し借りが流行っていて、
何種類かの本たちが、いつもくるくる廻っている。

先日、男の子スタッフに息子が読みたいという
コミックを貸してもらったので、それじゃあ、
お礼に何かお貸しします。ってことになったんだけど、
彼はかなりのコミック好きらしく、言ったタイトル、
言ったタイトル、全て読んでいて、貸してあげるものがない。

そこで思いついたのが「のだめカンタービレ」
少女もののコミックではあるけれど
この本なら、男の人でも読むはず!

勢い込んで、彼に貸すべく持っていったところ
ちらりと表紙を見たとたん「少女コミックっすか・・。」
と、トーンダウン。
「いやいやホントに面白いから、読んでみてよ〜。」と応酬。

興味なさげに1巻を手に取り、ページをめくってみた彼。
・・・「ぷっ。」
・・・「面白いっすね。」

後日談によると、のだめにすっかりはまった彼が
友達にも勧めたらしく、彼の廻りでは密かに
のだめ旋風が巻きおこっているらしい(笑)




只今、休業中。

昨日から改装工事のため、店は休業中だ。

大きなクレーンが停まり、
店内はというとブルーシートが張られて
棚もあちこち移動させられている。

さらに内にも外にも数種の工事業者さん、
本社の社員さん、他店からの応援の社員さん
スタッフがいて、何やかやとバタバタと作業をしている。

・・のに。・・にも。かかわらず、時折り
お客さまらしき人が、ふら〜りと店内に
入って来られる。

何故だ〜??
どう見ても、工事中なんですけど〜。
営業しながら工事しているように見えるんだろうか。
とっても、不思議だ。

メガネ

我が家の娘達は割と早くから近視になり
メガネとコンタクトを愛用している。

相方も私も目は悪くない方だ。
むしろ最近は二人とも、針に糸が通りにくくなったり、
やたら本を遠ざけて読んだりは、し始めたんだけど(笑)

とうとう息子もこの春、視力Cという紙を
もらって帰ってきてしまった。
まだそんなにひどくはないようだが
時々、見にくいと言うので、
とりあえずメガネを作った。

彼曰く、受験の時に目が悪くなったらしいが、
いやいや、そりゃ〜、漫画の読みすぎ、
ゲームのやりすぎでしょ、あなた(笑)

ロズウェル−星の恋人たち− シーズン3 ★★★


セカンドシーズンのラストでいよいよ
核心に近づいたか〜〜っていうような展開だったので、
非常に楽しみにしていた作品だが、やはり
ドラマシリーズなので、シーズン始めは謎を少し
ちらつかせながら、学園ドラマ的要素が濃い。

今回はイザベルの結婚生活を中心に
各キャラ達がそれぞれの将来について考え始める。
その中でときおり見え隠れするエイリアンの謎。

うぅ〜、早く核心に近づいて、解決して〜。
って思っていたんだけれど・・・。

確かに面白い。面白いんだけど、
えぇ〜、こんな終わり方なんですか〜。
何かいきなり終わったって感じで。
もしかして打ち切られたとか??

エンディングにはちょっとガッカリ。
せっかくシーズン1、シーズン2が面白かっただけに
とっても残念だ。



田植え

先週来、風邪気味で身体がだるいというのに
今週は早稲の田植え。

何で相方のいる日曜日にしないのかな〜?
何でわざわざ私のテニスの日に合わしてるのかしら〜??
はなはだ疑問だが、農家の嫁の身としては
田植えを手伝わずにテニスに行くわけにもいかないわよね。やれやれ。

汚れてもいいTシャツに着古したジャージ。
日本手拭を姐さんかぶりして、
ツバ広の麦わら帽子をかぶる。
田植え用の膝まである長靴を履くと
しっかり田植えスタイルのできあがりだ(笑)

重い苗を運んだり、田植え機がUターンした後の
でこぼこをならしたり、泥の中を歩いたり。
田植えの後の苗箱洗い等々。
普段使わない筋肉を使ったせいか、あちこち筋肉痛。
風邪気味もあいまって、ちょっぴりダウン。

美味しいお米を食べさせてもらうのは大変だ。

万引き

大型連休も終わって一週間。
入荷も多くなく、お客さんもそれほど多くもなく、
やらなければいけない仕事もさほどなく、
あぁ、あと30分で今日もお仕事終わりだなぁ・・
なんて思ってた矢先。

「万引きしてる子がいるよ。」とお客さんからの通報。
それは、大変。ってことで、警備員さんと一緒に
大急ぎでコミックコーナーへ。

と、そこにいた小学校6年生か中学1年生くらいの女の子。
私達を見て、ハッとなり、カバンに入れていた手を
パッとだした。

「ちょっと、カバンの中見せてくれるかな〜?」と
優しく言う警備員さん。
女の子の方はカバンを見せるもんかって感じで
ギュッと握りしめる。
その時点で取りましたって言ってるようなものなんだけどね〜。

見かけはいたって、普通の真面目そうな女の子。
きっと親は子供がこんな事してるなんて
知らないんだろうな。
・・と、ちょっと胸が痛い。

・・うちの子は大丈夫なんだろうな・・?
家に帰って今日あった出来事を話すと
「大丈夫やって〜、俺は万引きなんてやらんから。
やるなら、もっと大きなことやる。」・・って、おい(汗)

ターミナル ★★★★

久しぶりに心温まる良い作品に出合った。

ストーリーは一人の外国人ビクター・ナポルスキー
(トム・ハンクス)が空港に降り立つところから始まる。
旅行中にビクターの母国クラコウジアがクーデターにあい、
国籍がない者として、ビクターの入国が認められないというのだ。
入国許可がおりるまで、彼に許されたスペースは
「ターミナル」内だけなのだ。

突然の母国のクーデターに驚愕するビクターだが
ひたむきに、前向きにターミナル内で生活する術を
見い出し、徐々にターミナルで働く人々との輪も広めていく。

笑いあり、涙ありで名作「フォレストガンプ 一期一会」を
彷彿とさせるトム・ハンクスの演技が素晴らしい。

対してビクターが恋する女、アメリアは
世界中を飛び回るフライトアテンダント。
アメリアは男からの連絡を待ちつづける弱い女だ。
アメリアを演じているのは、妖艶で個性派女優の
キャサリン・ゼタ=ジョーンズなのだが、
そのあまりの違いに、まぬけなことに終わりまで
全く気がつかなかった・・。
いつもの派手な存在感が全くなかった・・。
キャサリンのその演技力に脱帽。

舞台となっているターミナルは撮影のために
綿密に作られたものというから驚きなのだが、
さらに驚いた事にターミナル内の店舗は
実際の店舗が入店し、店員となるエキストラには
従業員教育まで行なわれたというからすごい。

電車男

昨年10月に発売になったとたん、飛ぶように売れた「電車男」
チラッと見てみたけれど、2チャンネルの掲示板がそのまま
プリントアウトされたような感じ。
実話だそうだが、さほど興味もそそられずにいた。

ついに映画化されるとあって、重版上がりの本には
主演の山田孝之君の見事なまでのアキバ系オタク風に
なりきったオビが付いてきた。
髪型やファッション、立ち方なんかで、こんなに
変るとは・・。ホントに驚いた。すごいよ、山田孝之君。

「カッコイイ人はカッコ悪くなれるけど、ブサイクな人は
カッコ良くはなられへん。」とするどいツッコミをいれる次女。
そりゃ〜そうだけど、カッコ良くはなれなくても
おしゃれにはなれるんだよ。人間って変れるもんなんだよ〜。

そんなこんなで興味を惹かれた「電車男」
「まぁ、読んでみるか。」くらいのノリだったんだけど
読み進むうちに「電車男」の純な心と
彼を応援するネットの住人達。
彼らのやりとりには、思った以上に感動。

いったい何人の、どこの誰だかわからない
ネットの住人達が2ヶ月にわたる「電車男」の
スレッドを見守ってきたんだろうと思わせる
住人達の祝電の嵐はすごかった。

住人の一人である「中の人」が作ったというFLASHがあり
そこは今も観ることができるようだ。
参考までにURLはこちら↓
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Aquarius/7075/

だが、掲示板を忠実に再現している本を読んでいく方が
感動が伝わってくるだろう。

2チャンネルに精通していない私には
意味不明な2チャン用語が満載(笑)なのだが
2チャンネル用語を解説してくれるサイトも多々あり
つくづくネットって、便利なもんだな。

四季の食彩 走水(はしうど)

昨日の母の日の代わりに、今日、母と姉・妹・私
+我が娘+姉の娘、計6人で四季の食彩走水へ

JR元町駅と元町商店街の間の筋にある明松ビルの地下1階にある。
有名な雑貨屋さんchia koaのすぐ近くだ。

ランチは1600円からで店に着くと先に着いていた
姉達が1890円のランチをチョイスしておいてくれたらしい。

まずは食前酒に梅酒、先付けにはまちと鯛のお刺身、
筍の木の芽和えが運ばれてきた。
お刺身は身がこりこりとしていて美味しい。
木の芽和えの方もいい味だ。
どうも自分では木の芽和えがいい味になったことがない(笑)

次に二段弁当とお吸い物。
ご飯はちりめんなどが入った混ぜご飯。
おかずのほうは、たこ・えび・新じゃが・茄子・筍の炊き合わせ。
酢でしめた魚の白菜巻き、出し巻き卵、さわらの焼き物など。
どれもとっても上品な味付けで美味しい。

   

デザートは抹茶アイスの小豆添え。
ほっこり炊かれた小豆が甘すぎず美味しい。

 

母に日頃の感謝を込めて黄色いオーストリッチの長財布をプレゼント。
買った後で、似たようなのを持っていた気がして、心配していたのだが、
(母は財布は黄色と決めていて、財布の口がガバッと大きく
開くタイプが好みなのだ)前に使っていたものが、ちょうど
壊れていたらしく、グッドタイミングだったようだ。


四季の食彩 走水

〒 650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通1-14-2明松ビルB1F
? 078-331-3618

営業時間・・11:30〜21:30、休憩時間あり
定休日・・・日曜、12月30日〜1月4日休

血液型談議

店の休憩時間は何かと賑やかだ。
色々な部署から一人ずつ休憩にやってくるので
普段は喋らない人と一緒になったりする。
・・といってもそんなに広くない店舗なので
朝のメンバーならほとんどは知っているのだが。

今日は何故か血液型の話で大盛り上がり。
皆それぞれに血液型のイメージがあるようだ。

私は大概、O型って言われる、実はA型なんだけど。
おおらか・・に見えるのだそうな(笑)
実は几帳面なんです、仕事中はね。
家に帰るとダラダラさんになるんだけどね。
決して家事をサボっているわけではないんです〜。
ただちょっと、頑張りすぎた疲れがドッとでるんです〜(汗)

我が家はというと、

義父と相方はB型←典型的。ホントにっ!

長女AB型←やはりちょっと変わってます。自分の世界がある。
+ペガサス←大丈夫か??

次女・長男・私A型←この三人が集まると誰かが必ずツッコミを入れる。
          血液型あんまり関係ないけど、三人集まると
          すごくウルサイってことに最近気づいた(笑)

なかなかに面白い我が家なのだ。
          

かの人や月 いくえみ綾

いくえみ綾さんの著作は何故か読んだことがない。
だけど、この作品はタイトルと表紙の
柔らかい絵の雰囲気にに惹かれ、
何とな〜く気になっていた作品だ。

主人公(?)羽上ひろのを囲む大家族の
個性ある面々が織りなす一話完結の物語。
じいちゃん&ばあちゃんのコンビが良い(笑)

顕、ひろの、ほのか、兄妹三人それぞれの
視点から一つのストーリーを観てみるのも、
また面白い。

ひろのに恋する男、深町君のキャラが
ココロをなごませる。

これからのストーリー展開も楽しみだ。

喜寿のお祝い

今日は義父の喜寿のお祝い。
相方の姉一家+姪の彼氏(6人)、妹一家(4人)、
我が家(6人)の総勢16人が集まった。

子供達も大きくなると、仕事だの、遠くの大学に通ったり
だので、なかなか全員集合には難しいのだが、
今日は本当に久しぶりに全員が顔を揃えた。

お寿司にオードブル、自家製サラダにエビフライ
注文していた焼き鳥にピザ。
「お祝いにはお頭付きの鯛やろ〜」と
相方が自分で調理した祝い鯛(なかなかのできだ)
デザートにはフルーツともちろんバースデーケーキ。

お昼から、夕方6時頃まで、何やかんやと
だらだらと食べたり、喋ったり、遊んだり、
また食べたり(笑)義父も嬉しそうだ。

今日の会は我が家が持とうと思っていたのだが、
義姉も義妹もそれぞれに品物の代わりに
会費という形で、お金を差し出す。
それも結構な額で・・我が家は儲かってしまうんですけど(笑)
なんて思ってたりしたのだが、
結局、三軒で割る事にし、
残りは義父に何かプレゼントすることにした。
それで皆も納得してくれたので、メデタシ、メデタシ。

余談だが、今朝、早くから、部活に出かけた息子。
昼前に学校から電話があり、
部活で足を負傷。野球の硬球が足に当たったらしい。
骨には異常はないようだが、かなりの痛みで
松葉杖をついている有様だ。

確か一年生は教室4階だよな〜。
明後日までに歩けるようになるといいんだけど・・。

そういえば、次女も同じ学校に通っていた
1年の時に体育の時間に骨折して、
毎日、お送り迎えをしたのを思い出した。
何だか姉弟で同じような事をしているな(笑)

飛び連休二日目

先週は毎日結構な量の本の入荷だったが、
昨日は特にものすごい量の入荷だった。

なか・りぼ・ちゃお、ゲーム系、花ゆめ
少コミ・・付録付きやCD、DVD付きなど・・
最近は付録も豪華なのだが、
おかげで付録を挟んではヒモでくくり・・の
繰り返しで、一向に終わらない。

仕事を終え帰宅すると今日は夕方から出かけるため
休暇をとっていた相方が何だか疲れた様子。
聞いてみれば、朝から知り合いから何件も連絡が有り
修理等々、会社に行ったり来たりしていたようだ。
「こんなんじゃ、休み取らなかったら良かったよ〜。」って
嘆く相方に「今週の週末占い獅子座は最下位だったよ。」
って、肩をポンと叩いてあげたのだった(笑)

とび連休二日目の今日は朝から雨模様だが
明後日の種蒔きのための土入れ。
午後からは来客。
夕方からは相方は昨夜から滞在中の相方の友達と外出したので
私は次女と一緒に彼女が注文していたVAIOを取りに大手家電店へ。

お休みと言えども、所用有り、来客有り、
なかなか落ち着けないものらしい。
プロフィール

☆やむやむ☆

Author:☆やむやむ☆
マイぷれすからお引越ししてきました。
食べ歩きや雑貨屋さんめぐりが好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR