連休初日

連休初日の今日、我が家は大掃除である。
確か、去年の暮れに「今年こそはいつもきれいな我が家」という
スローガンを掲げていたはずなのだが・・(汗)

新生活をスタートさせた子供達の不要になった
教科書やら参考書類。
着れなくなった服たち。
その時は記念にと置いておいたのだが
今見直すと、何故置いていた??と我ながら思うモノたち(笑)

子供部屋のある2階だけで、
出てくる、出てくる、要らないモノたち。

ちょうど連休中に廃品回収が行なわれるので有り難い。

2階はどうやらすっきりしたが、我が家の玄関は
今、人様にお見せできない状態だ(笑)

スポンサーサイト

ゴールデンウィーク

世間では明日から、ゴールデンウィーク突入。
長いところでは10連休だとか・・。
カレンダー通りの我が家にすれば、羨ましい限りだ。

・・と思っていたら、相方は明日から7連休らしい・・
ナヌ〜〜??いつもカレンダー通りだったというのに、何故?

土曜日から相方の友達が来るというので
明日はお掃除日になりそうだな〜。
3日は種まきで・・、4日は出勤で、
5日は義父の喜寿のお祝いで、義姉家族と
義妹家族が揃う。

それって、つまり、私のお休みはないんじゃ・・(涙)

今年もゴールデンウィークは何処へも行かずに終わりそうだ。

竜宮堂書店

今日もいい天気。
先週に引き続きテニス日和だ。
メンバーの一人は花粉症で、一人は
職場の人手不足、もう一人は身内に不幸があり、
腕を痛めて休んでいたメンバーが復帰したものの、
人数はかなり少なめだ。

今日はボレーをネットにひっかけまくり・・。
コースを狙えば、アウトになるし、
どうもしっくりといかない日だ。

テニスの後はまったりと好きなソファでくつろぎたい
というチイの希望で播磨町の漫画喫茶クラブフーリエへ。
・・何だか外観がちょっと変ったね〜。なんて言ってたら、
よく見ると店名が「竜宮堂書店」って書いてある。

えぇ〜っ??いつのまにお店変っちゃったの?
おそるおそる、店内に入ってみると、
フィギュアやらトレーディングカードやら
古本、古着、古靴(?)、中古CD、DVD、
ゲームソフト等々がところ狭しと並べられている。

でも、なんとな〜く、雰囲気は以前のクラブフーリエの
ような一種独特な感じだ。
きっと経営者の方は同じ方なんだろうな(笑)

今度のお店も面白いんだけど、
フーリエのソファでまったりしながら、
結構美味しいランチをいただきながら、
気になるコミックを読む気に、すっかりなっていた
チイと私はガックシと肩を落としながら
竜宮堂書店を後にしたのだった。


JR福知山線列車脱線事故

今朝9時過ぎに起きたらしいこの事故は
今も救出作業が続いているという。

9時半頃に出勤した私は全く知らなかったのだが
「すごい事故があったみたいですよ〜。」
と12時インのスタッフから聞いた。
夕方インのスタッフからは「すごい事故があって
帰れそうにないです。」と電話が有った。
↑ってことは彼は、巻き込まれてはいないんだよね??

ネットで調べてみるとかなりの大惨事。
列車がマンションに突っ込んでる?
そんな状況がありえるのか・・ってことに驚いた。

大阪方面の大学に通っている次女だが
今日は遅くに出かけたし、路線も違うので
影響はなかったようだ。

通勤ラッシュの時間よりは少し遅めだが
かなりの乗客数だったようで
事故当時の様子を語る人々の表情にも
信じられないことが起こったという
様子が感じとられる。

突っ込まれたマンションの駐車場には誰もいなかったのか
・・とかも心配だが、列車に閉じ込められた人達が
一刻も早く救出されることを祈るばかりだ。

SAW ★★★

店のスタッフに面白いと勧められ、
サスペンスをあまり観ない私だが借りてみた。
案の定、相方に「珍しい〜。」と驚かれる有様だ(笑)

二人の何の関連もない男二人が密室に
閉じ込められるところからストーリーは始まる。

密室に閉じ込められた二人の男が密室から
出ようともがく中に連続殺人犯の姿が
段々と浮かび上がってくる・・という感じだ。

ストーリー展開は今までにはあまり無いような感じで
意外性があり、面白いかも・・と思っていたのだが、
ところどころ納得いかない展開があり、
どうにものめり込めない。

連続殺人犯を追いつづける刑事、一度ならず
二度までも・・、ちょっとダサすぎだよ〜。

冷静に対処していた筈のゴードン先生、
最後の最後にそれをやるとは・・・。
パニくるのはわかるにしても、ちょっとイカンだろう。

そして、エンディングには・・、絶句。
ストーリーの中に布石なさすぎでしょ。
こんな終わり方って、有り??

面白くなくはない、けれども何か納得いかない
不完全燃焼だ。




カフェ&ダイニング CECIL

今週のテニスは久しぶりに良いお天気で
少し汗ばむくらいだった。
春休みやら雨やらで4週間ぶりくらいだろうか。
身体が重く、動きもニブイ。

へたっぴぃでも週一くらい続けているのが
身体のためにも良さそうだ(笑)

ランチの方は春休みだろうが雨だろうが
ココロのケアのために(?)欠かしたことはないが
今回は以前臨時休業でフラレタ加古川の
カフェ「CECIL」へ行ってみた。

JR加古川駅前の縦の筋のお菓子やさんの角を
入った路地にあるので、ジモティでないと
わかりづらいかもしれない。

ランチメニューは週変わりランチ(サラダ、スープ、
フルーツ付き)750円、丼ぶりもの(サラダ、スープ、
ヨーグルト付き)730円〜、フォッカチャサンド
(ヨーグルト、ドリンク付き)730円と
お手頃価格なのも嬉しい。

私は週変わりランチ。
今週は明太子と蛸のコロッケ、ソーセージ、ブロッコリー。


娘は明太子と帆立の丼ぶり。 


ランチ友達のチィはハムとチーズのフォッカチャサンド。 
 

そして、もちろん、皆でお味見(笑)
どれもなかなか美味しくて、
食後のドリンクと一緒におやつのチョコまで頂いた。

CECIL

加古川市寺家町126 グレイスY1F
0794-56-6383

ランチ :11:30〜14:30
ディナー:17:30〜23:00

お花見&BBQ

この界隈ではもうほとんどの桜が散り始めた。
今年は通勤の車の中から通りすがりの桜を
眺めるだけのお花見・・と思っていたのだが、
家の近くの名もなき桜の名所では、
頑張って咲きつづけているではないか。

  


先週末は早稲の種まきで、しかも相方は
午前中から出かけるというので、
すっかり諦めていたのだが、
「今年はお花見せえへんの?」と次女。
「BBQせえへんの?」と息子。
大学や高校くらいになると、家族で花見なんて
嫌がるかと思っていたので、
すっかり嬉しくなって、大張りきりで準備を始めた。

風に吹かれて、ほろほろ舞い散る桜吹雪の中、
早めの夕方から始めて、近所の親戚と二家族でBBQ。
日が暮れるとキャンプ用のランタンに火を灯して
見上げる夜桜もまた良いものだ。

 

ようやく遅いお花見を満喫したのだった。

諸事情

最近、仕事場がややこしいことになっている。
人間関係も相も変らずややこしいのだが
今、現在は会社内部の諸事情で、一種異様な雰囲気だ。

店も色々なところで変わっていくらしい。
人事的にもシステム的にも・・。

しばらくは不安な状況が続きそうだ。

制服

娘が高校を卒業し、息子が中学を卒業した。

着終わった制服をクリーニングに出し、
サイズ毎、種類毎に分け、今日、中学の制服も
高校の制服もそれぞれ次の出番を待っている
人達のところへ、旅立った。

不要だとは思っても愛着があり、ランドセルと同じで
なかなか捨てられない物なので
必要とされているところへ、リサイクルされるっていうのは
とっても有り難い。

何となく一区切りついたような、気分だ。

入学式

先日は県立高校の入学式だった。
今年の桜は蕾も固くてなかなか開花しなかったのが
ここ2〜3日の暖かさで、一気に桜が咲いた。
やはり入学式には桜だよね〜。

先週の次女の大学の入学式には、もう大学にまで
親が行かなくていいでしょう・・と出席しなかったのだが、
娘と一緒に行った友達もお母様同伴だったようで、
「お母さんは一緒じゃないの?」って言われてしまったらしい(笑)

「高校の入学式は行くの?」とかって相方にまで
言われてしまう始末。
えっ〜と・・、どの子も高校までは出席してるんですけど〜。

二日前に出来上がったばかりの制服を着てみると
うわぁ〜、すっごい、ブカブカのダブダブ。
採寸した時に「少し大きめにしときますね。」と言ってはいたけど、
男の子のはホントにデカイ。

ネクタイを結ぶのも初めて、何だかしっくりこないが、
他の男子も同じような感じで初々しい。

これから3年間でだんだんとこの制服が似合ってくるんだろうな。

いっぱい友達作って、色んな経験するんだよ。
心も身体も大きくなぁれ!

スウィングガールズ ★★★★

「ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督の作品で
楽しみにしていた作品だ。
予想通り、文句無しに笑える。

モデルになったのは兵庫県は高砂市の学校らしいが
映画での舞台設定は東北のようだ。

主人公は夏休みに補習を受けているちょっと落ちこぼれの
17人の女の子達と吹奏楽部で落ちこぼれの男の子。
彼女達が運んだお弁当がもとで吹奏楽部部員が食中毒になり、
代わりに彼女達が演奏することになるのだが、
音楽とは全く無縁の彼女達と平岡祐太演ずる中村君との
猛特訓が始まるのだ。

最初は補習をサボりたいがために始めた練習だったが
徐々に音がでるようになり、曲になり、合奏し、
音楽が好きになり、自分達のジャズバンドを結成し
最後には音楽祭に出場するというものだが、
随所に笑いが仕掛けられている。
また様々な場面での芸が細かいのも嬉しい。

主演の上野樹里、平岡裕太の演技も良いが、
真面目で内気な女の子関口を演ずる本仮屋ユイカ(現在NHK朝の連ドラ
活躍中)と強烈なキャラクターの豊島由佳梨の好演が光る。

彼女達17人と男の子は実際に猛特訓をこなし、
最後の演奏は吹き替え無しの彼女達自身の音だというからスゴイ。


Bistro Comme tu veux(ビストロ コム・チュ・ヴー) その3

何だか一気に春めいてきた。
桜の花も一斉に満開になりそうだ。

まだ春休み中の昨日は、楽しみのテニスもなく、
前々から娘にねだられていたcomme tu veuxへ。
そういえば、私も行くの久しぶりだ。

2時から仕事の娘のために11時半開店と同時にお店へ。
今回はテーブルにはこんな可愛いお花。
 

この前来た時とはランチメニューが変わっているようだった。
何度か楽しんだアラカルトランチがなくなり
ランチコースは1800円、2500円、3500円の3コース。
コース以外にメニューから単品でアラカルトの注文も可能。

本日のお魚料理は活け鯛、お肉料理はホロホロ鳥だとか。
一つずつ頼んで、もちろん両方味わった(笑)

まず最初にフランスパン。それにサーモンのリエット
(パテのようなもの)が添えられてでてきた。
うすくスライスされた玉葱とサーモンがバターとクリームで
和えてあるのか、これがまたパンによく合う。

鯛料理のほうは鯛のポワレにエビが添えられていて
魚介のぎゅっと濃縮されたソースなのだが
ちょっぴり酸味がきいていて、美味しい。
 

ホロホロ鳥ってどんな味なのかなぁ・・と思っていたけれど、
味はチキンと殆んど同じで、ひね鶏のように身がしっかりとしている。
こちらはクリームベースで少し濃厚な味付けで、ジャガイモ、
スナップエンドウなど春野菜が添えられている。


ソースをパンにつけて食べると美味しいですよと
シェフに勧められて、お皿のソースもきれいにたいらげた(笑)

ここのお料理はどれも美味しいので、
いつ来てもハズレることが無い。
味覚っていうのは、一種の才能だよね〜。

主婦のランチにはちょっとお値段がはるけれど
きっとまた行きます♪

一人一台

「携帯が欲しい。」とは自分からは絶対に言わないのだが、
ちょっと前から欲しそうなそぶりの義父だった。
農業をしているので、家に居ない事の方が多いし、
遅くなっても帰ってこないときなど、心配だし、
畑で急に具合が悪くなったとしても(高齢なので密かに心配)
誰かに連絡ができる。

そんな訳で先々月、義父に携帯電話をプレゼントした。
義父の希望は取り扱いが簡単でカメラ付き。
らくらくフォンにカメラなんてついてるのかと思いきや、
ちゃんと有りました。カメラ付き。

最新機器が苦手な義父の事。
電話番号やらアドレスやら入力は全て私。
使い方も何度も何度も説明する。

1ヶ月半くらい経った今、ようやく扱いにも慣れてきたようだ。
最初は家に置いていったりしていたものだが、今では
しっかり身に付けている。

「どっか行ってもたらアカンからこんなんもたされとるねん。」
と、相変わらず人様には可愛くないことを言っているが、
「おじさん、そんなん使いはるの?」「ハイカラやねぇ。」
などと言われて、嬉しそうだ。

一方、息子も高校が決まり、友達も次々に携帯を持ち始め
ようやく彼も念願の携帯デビューを果たした。

彼の場合は着メロや待ち受けを取りにサイトを
ウロウロして早くもかなり使っているようなので、
使いすぎ注意のイエローカード(笑)

これで我が家も携帯電話が一人一台になってしまった。
こうなると家の固定電話もいらなくなりそうだし、
ぼちぼちIP電話の検討もするべきかもしれない。

・・実は、来月の携帯電話の請求書を見るのがコワ〜イ私だ・・。

緑のアルダ 旅立ちの丘 

榎木洋子さんの本は「龍と魔法使い」を
読んで以来のお付き合い。
ジュニア向きのファンタジーだが、
ファンタジー好きなら大人でも楽しめると思う。

「龍」の国を題材としたお話は「龍と魔法使い」
「リダーロイス」シリーズに続いてこれで三作目。
他にも学園ものや「影の王国」シリーズも
あるが、黒い魔法使いタギや風・水・火・地・星の龍たち、
地狼ヨールなどがでてくるこのシリーズが一番好きだ。

各シリーズとも時代は異なるがそこかしこに
どのシリーズとも繋がる布石がうってあり
一つのシリーズとしても楽しめるし
全部読むともっと楽しめるという感じだ。

「緑のアルダ」のシリーズも今回で9作目だが、
ようやくリダーロイスの国ミズベへと進み
前作、前々作を知る私としては、話の展開が面白くなってきた。
地狼ヨールと例のご婦人の対面は
次回なのかずっと後なのかわからないが、最も気になるところだ。

図書カード その2

「図書カードがご利用になれます。」と、昨日から告知。
世間的にはかなり普及していたようで(笑)
今日も何件か図書カードの利用があった。

図書カードを出されて、「オッケー、オッケー、まかしといて。」
って感じで、レジ操作及びカード引き落とし処理。
ふぅ〜、無事終了。

またまた図書カード。今度はカード+残金は現金で。
「オッケー、オッケー。」・・あれ・・?
・・あれれ・・??
レジ入力ができなくなってしまった・・・(汗)

何度やってもうまくできない。
お客さまをあまりお待たせするわけにもいかず、
取り敢えず、お釣りをお渡しして
後で、リーダーに確認してから、処理する事にした。

説明書どおり、やってるハズなんだけどな〜。
なんでだ〜??

午後からリーダーがきたので、処理の仕方の確認。
あらら〜、しっかり間違ってました〜
ちゃんと理解してたと思ってたんだけどな〜。

確認後、またまた図書カード+現金でのご利用。
「オッケー、オッケー、今度こそ任せてくださ〜い」
今回は完璧

何事も経験だよね。うん。

 

図書カード

オープンして6年。
ようやく念願の図書カードが使えるようになった。
やっと、本屋さんになったね〜、ってスタッフ同士で大喜び。

お客様に図書カードを出されるたびに
「申し訳ございません。」と忍の一字で謝るばかり。
本社にも何度も申請はするものの
機械の設置やリース料など、経費の発するので
なかなか許可がおりなかったのだ。

それが、今年の夏頃で全国的に図書券の発売が終了するので
(使用はできるようです。ご安心を。)それにともない
ようやく本社も重い腰をあげたってとこだろう。
・・上司の交代も大きい理由の一つかもしれないが・・。

ただ難点はレジに連動していないので
レジ操作とは別に図書カードの操作もしなければいけない
ということだろうか。

また今日から個人情報保護法の施行ということもあり
不要になったお客様の注文票やレンタルコーナーでの
貸し出しレシート等々、ダダダッという、
結構な騒音を撒き散らしつつ、シュレッダーにかけないといけなくなった。

いつもはそんなに気にせずに見ている控え類だが
よく見ると、結構な個人情報が載っていたりする。
請求書など特にそうだし、これは、家にもシュレッダーが
いるかもしれない。できれば、静かなヤツ(笑)



プロフィール

☆やむやむ☆

Author:☆やむやむ☆
マイぷれすからお引越ししてきました。
食べ歩きや雑貨屋さんめぐりが好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR