卒業式 パート1

今日は県立高校の卒業式。
先日、公共の交通機関をご利用くださいとプリントを
もらってきていたんだけれど、駅までがとっても不便な我が家。
学校近くの某大手スーパーは10時開店で、間に合わないし、
学校近辺の事情にも明るくない私。
グランドを開放してくれると有り難いんだけど・・と
思いつつ、閃いたのが、方向は違うが駅近くの某大手スーパー。
「ごめんなさい。帰りにお買い物して帰るので
ちょこっと停めさせてください。」・・と心の中で謝りつつ、
遠慮がちに隅っこの方に駐車して、大急ぎで学校に向かった。

式典というと、大概ありきたりな祝辞や挨拶で退屈なのだが
学校長の祝辞も保護者の胸に響くものだったし
卒業生代表の答辞も巣立っていく子供達の心を代弁しているかのような
素晴らしいものだったので、感激して涙するお母様方、続出。
泣かないだろうと思っていた私でさえ、ホロリときた。
先生も感極まって泣いておられたのがとても印象的だった。

今日の祝辞の中で心に残ったものが二つある。
「脚下照顧(きゃっかしょうこ)」と「no rain,no rainbow」だ。

「脚下照顧」は己の足元を照らす、つまり他人のことを
とやかく言う前に自分自身を反省しなさいというものだ。
つい先日、盛大な愚痴会でおおいに盛り上がった私。
的を得たとばかりにグサリと胸に突き刺さった(汗)

「no rain,no rainbow」は雨が降るから、虹が出る、つまり
辛い事や悲しいことがあるから嬉しい事や幸せを感じることが
できる。ということなのだろう。

我が子の卒業式に良いも悪いもないんだろうけど、
派手さはないけれど、きびきびとして気持ちの良い卒業式だった。

春にキツ目だったスーツも秋から減食ダイエットしてきた成果が
あったのか、スッキリと着れた。
3月にも卒業式があるので(実はトリプルだったりするのだが、
大学の卒業式には行かないつもり)もう一頑張りするかな(笑)

スポンサーサイト

大正浪漫 高粋舎 その2

夕べは久しぶりに仕事仲間と愚痴会へ出かけた。
前々からイライラとしていたんだけれど
先日来、もう〜、我慢できない〜っ!ってとこまできてしまい
同じく、違う部署ながら、爆発寸前の4人で出かけた。

土曜日ということで予約を入れたのだが、
土・日の予約はコースのみ。
しかも時間も2時間半の制限あり。
迷ったけれどお店の心地良さに惹かれて
高粋舎
に決定。
9品2000円のコースに+1260円(女性)で飲み放題をチョイス。

行った時は食事時でもあり、並んで待っている人達がいるくらいで
駐車場も満車状態だったので、やはり予約していてよかった。
初めて来た仕事仲間達もこのお店の雰囲気やインテリア
全室個室という心配りにすっかり気に入った様子。

前回、食べ忘れたコンペイトウ。
梅干のツボのような容器に入って、テーブルの端っこに
お醤油と一緒にひっそりと置いてある。
今回はテーブルに出して、蓋を開けて
いつでもスタンバイ状態にしておいた(笑)

お料理の方はまず前菜(キンピラ・酢の物等)、サラダ
(びっくりするくらい大盛りで、中にお豆腐が入っている)
エビマヨ、サーモンと帆立のマリネ、かき揚げ、豚キムチ、
豚の角煮、天むす、杏仁豆腐の9品。
どれも美味しくて満足。

飲み放題は普通のメニューとは別メニューだが
ビールありカクテルありチューハイあり、もちろん
ソフトドリンクもあり。運転手の私としては
ノンアルコールカクテルが飲みたかったんだけれど
ソフトドリンクもほとんどが100%ジュースで嬉しい限り。

美味しい食べ物に美味しいドリンク、
可愛いインテリアに良い感じのスタッフ、
最後にお茶までいただいて
居心地よくってついつい長居。
2時間半はとっくに過ぎていたんだけれど
お店もその頃にはボツボツと空きがでてきていたのか
終了の合図はなく、ゆっくりさせてもらったお店の方に感謝、感謝。

色んな愚痴話に普段の鬱憤を爆発させて
ちょっとは気分が晴れた私達。
またしばらくはお仕事頑張れるね(笑)

ワンコが病気、again

先週の火曜日だったか、朝、外に出てみると
あちらこちらにワンコがもどしたらしきカタマリがあった。
そのうちの2箇所は赤かくて、どうやら血のようだった。

かなり異常な状態で、大慌てで病院へ連れて行った。
体重や体温を測ったり、聴診器をあてたり・・、
果ては血液検査まで。かなり状況はよろしくないようだった。

血液検査の結果がでるまで、待つこと15分。
先生がおっしゃるには腎炎だろうということだった。
体温も異常に低く、血圧も低下していて、腎機能を
表す数値も異常なのだそうだ。

急激に異常な状態になっているので、
散歩の途中に何か薬物か他の動物のウィルスを
食べてしまったのかもしれないということだった。

ドッグフードを全く食べなくなってしまったので
ワンコ用にささみとご飯を炊いてやると
ちょっとは食欲がでるようだ。

御歳13歳、老犬の部類に入るのだろうが
元気なワンコにもどって欲しい。

しかし、病院代は高くてびっくり。
初日は検査、点滴等で15000円。それから3日ほど
点滴で各6000円。その後は注射と薬で5000円。
来年の確定申告で高額医療の請求をしたいくらいだけれど
ワンコの病院代じゃ、ダメなんだろうな(笑)


Trattoria il cuore(イル クオーレ)

昨日のテニスは気持ちのいい快晴。
だけど風はとっても冷たくて、休憩してると
身体が冷えてくる。人数は7人。
先週は4人でちょっと淋しかったが
今週はちょうど良い感じの人数だ。
これくらい揃うとゲームにもちょっと熱が入る(笑)

さてお楽しみのランチは去年オープンしたという
加古川のイルクオーレへ。
最近はこの辺りもちょっとお洒落なお店が
増えてきて嬉しい限りだ。

洒落た外観の白くペイントされた可愛らしいドアを開けると
広くてナチュラルな白と木目調の店内。
結構賑わっているらしい。

パスタランチ、お魚ランチ、お肉ランチ、コースランチとある中から
今回はパン・サラダ・パスタ・デザート・ドリンクで1050円という
パスタランチにしてみた。

ベーグルを半分にしたような三日月形のパンが可愛い。
フランスパンはチーズ味なのかな?


パスタはサーモンとほうれん草のクリームソースにしようかと
迷った挙句、貝柱とトマトのパスタをチョイス。
貝柱が柔らかくてとっても美味し〜い。


デザートはティラミス(?)
カフェ風味のムースで、こちらもまろやかで美味しい。


全体的に大満足なんだけど、サラダのドレッシングが
ちょっとうぅ〜んっていう感じで、もったいないな〜。

お会計はもちろんHPのクーポン利用で1割引き。
こんなにお得なランチにもクーポンが使えるなんて嬉しいよね。   



厄除け祈願

ワンコが血を吐いて、驚いて病院へ連れて行ったら
腎炎ということで、先週は毎日点滴をしてもらいに
病院通い。おまけに自治会の集金の当番がまわってきたり
息子の一回目の受験。と何だか忙しい一週間だった。

忙しいけれど、どうしても行っておきかたかったのが
次女の19歳の厄除け祈願。
今年の3月で満18歳になる娘は数え歳で19歳ということになる。
(日本の歳の数え方ってややこしい)女性の最初の大厄だ。

実家の方では1月なんだけれど、この辺りは
毎年2月の18・19・20日が厄神さんの日なのだそうだ。

近くの厄神さんへ向かいながら、
「今でもこんなことするねんな〜」と言う娘。

そういえば、はるか昔、私自身も数え歳で19の時に
訳もわからずに母に連れられて厄神さんへ行き、
ご祈祷してもらったのを覚えている。

「自分の子供の時に覚えてるかな〜」などと言うので
「私が教えてあげるわ、生きてたらね。」と言っておいた。
孫が19歳ってことになると〜、・・生きてるのか、私(汗)

平日の夕方で行った時はさほどでもなかったけれど
帰りにはかなりの人出だった。

帰りは美味しいと評判のカステラやさんやら
イカ焼きのお店でちょこっと寄り道。
家で受験勉強、頑張っている息子へお土産だ。
子供達が小さい頃は金魚すくいにくじ引き、輪投げと
ねだられたものだけど、今はそんなものへは
目もくれない年齢になったようだ。

次は息子が数えで25歳の時だから、8年後・・のようだ。

-La Cucina- JiroGoro(創作イタリア料理)

今週のテニスは人数少なく4人。
ちょっと淋しいな〜。
めげずに人数が少ない時こそ苦手克服っていうんで、
バックハンド&ボレーの練習。
効果はあったんだろうか・・(汗)

お楽しみのランチは以前から気にはなっていたものの
場所がわかりづらく、行ったことがなかった「JiroGoro」へ。
明姫幹線の加古川の王将辺り、東行きの陸橋を上らずに
側道沿いにあるお店だ。

わかりづらい場所のわりにはとっても賑わっていて、
お洒落な感じのお店だ。
最初にサーブされるお水がそのお店の
ロゴ入りの蒼のボトルでとっても可愛い。

 
今回は前菜・パスタ・パン・デザートに肉か魚料理のついた
Goroランチ、1580円をチョイス。
カウンター席からは厨房が良く見えるようになっていて
とっても手際の良いシェフの腕前に感心しながら
お料理をいただいた。

10種類の小さな器にちょこっとずつ盛られた前菜たち。
パン・パスタが籐のトレイにセットされて運ばれてくる。
お肉料理も頼んだけれど、もうこれだけでも充分満足な感じ。

 
 

デザートはヨーグルトのアイスクリーム。
デザート付きっていうのが女心をくすぐるんだよね〜(笑)

ここのオーナーシェフはGUINESSビールのサーバーの
資格も持っているとか・・、他の色んなお酒も
充実しているようだし、次回はぜひ試してみたいな。


-La Cucina- JiroGoro(創作イタリア料理)

加古川市野口町坂井82-1
?:0794-27-5713
E-mail:jirogoro.26@yahoo.co.jp

ランチ :11:30〜2:30(平日のみ)
ディナー:18:00〜24:00(平日)
     17:00〜24:00(土曜日)
     17:00〜23:00(日曜日)
定休日 :月曜日(祝日はランチ・ディナーとも営業)

カリグラフィ

娘が毎月購入しているフェリシモ。
今回はカリグラフィのセットが届いた。

カリグラフィは私が以前からやってみたいものの一つで、
先輩が習っていると聞き、ますます興味が湧いていたのだ。
絵心がない私でもできるんだろうか・・と
ちょっとドキドキしながら、開封。

ブルーとグリーンのちょっと可愛げなインクボトルと
ペンとペン先2枚のセット。
一時期、インクボトルにつけながら書く
万年筆なんていうのにも憧れたりしたこともあり、
何となく嬉しい気分。並べているだけでも可愛いよね。

でも〜、めちゃくちゃ簡単な説明書しか入ってない
こんなんでちゃんと書けるようになるのか〜??
不安ながらペンをセット、インクをつけてみる。
えぇ〜っと、ペンを30°に傾ける・・とな・・、
うぅむむ・・、インクがうまく続かないんですけど〜(汗)

悪戦苦闘しながらも線の練習、アルファベットの練習と
していくうちに何となく形になってきたようだ。
カードに書くにはまだちょっと勇気がいるけれど
こんな文字で書けると良いよね。

ただカリグラフィにも何種類かのフォントがあるようで
今回は私が思っている書体ではなかったようだ。
次回には私が書きたいものがくるといいんだけれどな。

イタリアンPiccolo Bosco(ピッコロボスコ)

今日は朝から雨・・。
この前のパン・パシフィック決勝を観て以来
コーフン気味だったのだが、
楽しみにしていた週一のテニスは中止になった。

いつもランチ一緒の友達も体調悪く、
今日は早くも卒業前の自由登校で家でゴロゴロしている
次女とお出かけすることに。

パスタを食べたい彼女の意向もあって
地図を頼りにピッコロボスコへ。

サラダ・ピザかパスタ・ドリンクバー・ドルチェ食べ放題
1500円というのにしてみた。

娘は水菜とツナの和風ソース、私はきのことベーコンの
クリームソースのパスタをチョイス。
どっちもいい味。美味し〜いo(^^)o

ドリンクお変わり自由っていうのも嬉しいけれど
何と言っても可愛いドルチェがいっぱい並んでて
好きなのを選んで食べれるというのが嬉しい。

ガトーショコラやチーズケーキ、ショコラ、フルーツパルフェ
などが小さめにカットされて並べられていて、他にも
黒ごまムース、かぼちゃのプリン、パンナコッタ等々。
クレームブリュレはその場で表面を焼いてくれるのも嬉しい。

ただドルチェ食べ放題と言っても、パスタの後だし
そんなには食べれないんだけれどね(笑)
お隣の二人組はよく来ているのか、
メインの前に先にドルチェいっぱい
お皿に盛ってたけれど・・食べれるのかしらね〜??

ランチに満足した後は古本屋さんでブラブラ。
やらなくちゃいけない口座開設や移行手続きも済ませ、
ちょっとのんびりとした有意義な一日だ。


イタリアンPiccolo bosco

加古川市野口町良野1545
?:0794-25-6430

ランチ :11:00〜14:30
ディナー:17:30〜22:00






東レ パン・パシフィックテニス

今日は相方と次女の二人は先日の大雪の後の
スキー場へ朝早く出かけた。
スキー好きだが、受験生の長男は家で
「俺も滑りた〜い!」を連発。
・・・いいのか、受験生。そんな言葉を連発して・・。
・・変りに彼らが滑ってきてくれるのだから、
いいか・・うん、良しとしよう。

てな訳で、朝はワンコの散歩&公民館掃除が終わったあとは
のんびり日がな一日読書したり、昼間からネットで
かねがね興味のあったアフィリエイトやネットバンキングの
ことなどを調べつつ、あちらこちらをウロウロ。

先日購入のLOTRエクステンディットエディションを
観よう・・なんて、意気込んでいたのだが
(何せ、未公開シーン50分ってことは、4時間近くもあるので)
パン・パシフィックテニス決勝がシャラポワ対ダベンポート
っていうんで、こりゃ〜、絶対観るべしだよね。

ロシアの17歳の妖精と評判のシャラポワは183cmの長身だが
対する世界ランキング1位のダベンポートも189cmとさらに大きい。
長身から繰り出されるサービスは150キロ以上のスピードを記録したが、
彼女達のmaxは170キロというから驚きだ。

1セット目は意外と簡単にシャラポワが取ったが
以後は全くの互角、むしろダベンポートに
シャラポワが圧されているのだが、時折ダベンポートの
決め球をがむしゃらに拾いにいったシャラポワの
リターンがエースになったりする。

ダベンポートを破った若干17歳の少女が
かつての女王シュティフィ・グラフのように
グランドスラムを達成できるのか、これからが楽しみだ。

創作料理とおばんざい 町屋ダイニング 「山ぜみの家」

昨日は寒波強風の中、テニス。
ウィンドブレーカー上下に指なし手袋着用。
休憩中は相方のベンチコートにくるまる。
打った球は風にあおられ、魔球になるし、
こんな日にテニスせんでも・・って思いつつも、
やっぱりやりたいんだよね〜(笑)

ストロークは無理っていうんで、サービスコートを
使って短いストローク、ボレー&ボレー、サーブ練習。
それなりに何とかできるもんだな。

テニスの後はもちろんランチへ。
加古川の人気店「うまいもんや花だん」の
姉妹店山ぜみの家へ行ってみた。

場所は2号線沿いなんだけど、ちょっと奥に
建物があるので、西行きに走っていると、
ちょっとわかりづらい。

お昼はお弁当ランチ、1250円のみらしい。
入り口を入ると迷路のような路地を通って
昭和初期風の店内の一角に案内された。

前菜はあげた春巻きの皮の中にエスカルゴの
クリーム煮をのっけたもの、かぼちゃとサツマイモの
ムース、レンゲにはイカ墨リゾットの三種。
どれもそれぞれの主張のある美味しい味付けにしてあるようだ。


お弁当にはちっちゃなおかずがいっぱい入っていて嬉しい。
カレー風味のコロッケ、鳥もも肉のなんだろう・・多分燻製かな?
タラの焼き物、サラダ、お刺身、ひじきやら野菜の豆腐寄せの
あんかけ、等々+お吸い物。
うぅ〜ん。どれも美味し〜い


デザートはちっちゃな白玉入りおぜんさい&食後のコーヒー付き。
一人、コーヒーがダメなんで、紅茶でお願いしたら、
快くオッケーしてもらえて、友人も私も大満足。


創作料理とおばんざい 
町屋ダイニング「山ぜみの家」

〒675-0018
加古川市野口町坂元632-1
?0794-23-1800

ランチ :11:30〜14:00
ディナー:17:00〜23:00
定休日/月曜日(ランチ土日祝)

プロフィール

☆やむやむ☆

Author:☆やむやむ☆
マイぷれすからお引越ししてきました。
食べ歩きや雑貨屋さんめぐりが好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR