下妻物語 ★★★

何年か前にサッポロ黒ラベル(卓球編)のCMの中島哲也さんが
監督をされているという記事をフラグメンツさんの日記 で読んで以来、フカキョンにも、ロリータにもヤンキーにも興味はないけれど、
あのCMは結構インパクトがあり、好きだったし、
レンタル開始になると同時に、興味深々で観てみた。

なるほどCMの監督さんが作っているだけあって、
ワンカット、ワンカットが思わず笑ってしまうCMのようだ。

ストーリーはひょんなことから出会ったヤンキー(土屋アンナ)と
ロリータ(深田恭子)の二人の一風変わった友情(?)のお話だ。
フカキョンのロリータっぷりもあそこまで徹底していれば
さすがっていうかんじだが、土屋アンナのヤンキーっぷりが
見事としか言いようがないくらい、はまっている(笑)

おばあさま役の樹木希林がまたこんな役をやらせれば
うまいんだよね〜。

邦画はあまり観ないほうだけど、なかなか楽しめる映画だった。
スポンサーサイト

紅葉狩り

この前のお休みは何年ぶりかで紅葉を楽しみに
相方と次女と私の三人で京都まで出かけた。

今の時期の祝日ということで、人出が多いのは
覚悟はしていたが、予想以上の人の多さだった。

交通手段も車にするのか電車にするのか、悩みに悩んで
家から駅までが不便ということもあり、車で行く事にした。
インタ-ネットで駐車場を探すと、公共の駐車場でも
一日割引きとかあったり、無料で自転車をかしてくれたり
するサービスもあるようだったが、それも平日のみで
祝日はそのサービスは利用できないようだった。
御所近くにある梶井町パーキングさん も12時間券、1800円というのがあり、
そこも無料で自転車を貸してもらえるというので、
そこに停めることにした。

お天気もポカポカとチャーリーで廻っても、気持ちが良い。
・・といっても地理がわからない私達、通りかかった交番で
簡単な地図をGETした(笑)

まずは下鴨神社へ行ってみた。何度も京都へは行っているのだが、
何故だか下鴨神社へは行ったことがなかったのだ。
世界遺産の指定されたという「糺の森」(ただすのもり)は
まだほとんど紅葉しておらず残念だったが、
ちょうど「新嘗祭」の神事が執り行われていた。
「君が代」に歌われている「さざれ石」だとか
和歌に詠まれている「瀬尾の小川」や「奈良の小川」も
あったりして、それだけでも歴史を感じさせられる。

下鴨神社をあとにして、一路、銀閣寺として知られる「東山慈照寺」へ。
参道の手前で自転車を停め、お土産やさんをひやかしながら銀閣寺へ向かう。
銀閣寺内の庭の木々はそこかしこ紅葉していて、
庭園を散策しながら、ようやく紅葉を満喫した。

観賞した後はみたらし団子に茶団子、濡れせん、ワラビ餅等々、
美味しいおやつで一心地つく。
途中、舞妓さんを見かけたが、こんなところにこんな時間に
彼氏と一緒に舞妓さんがいる訳がないので、きっと、あれが
「なんちゃって舞妓さん」なんだろう(笑)

銀閣寺からは哲学の道を通り、永観堂、南禅寺へと向かった。
ほろほろと散策気分を味わいたかったのだが、最近では
団体さんも哲学の道を通るらしく、すごい混みようだった。

紅葉の寺で有名だという「永観堂」は初めて訪れたのだが、
庭園内に入ると目にも鮮やかな紅葉が目に飛び込んでくる。
拝観料1000円と少しばかりお高いが、一見の価値はあるだろう。


「永観堂」から「南禅寺」はほんの目と鼻の先で
ここも全体ではないものの、ちらほらと紅葉がきれいだった。
門の上に上りたかったが、上るだけでも拝観料がいるらしく断念。


しかし、どのお寺も何かといえば、拝観料をとられるので
三人で行ったりすると、結構高くつく。
電車なんかで最近はぐるりんパスなるものが、あちこちで
あるようだが、京都のお寺めぐりのぐるりんパスなんていうのが
あると良いのになぁ・・などと思ってしまった。

人の多い東山界隈から離れ、次女の希望で平安神宮へ。
以前、学校の部活動の一環で、平安神宮を訪れたものの
庭には入らなかったらしく、今回は庭にも行ってみた。
ここはほとんど紅葉していず、人も少なく静かだった。
葉を落としたしだれ桜が多くあり、夏の緑もきれいだろうが、
今度は春に来たいと三人ともが思ったようだ。

最後にお土産を買いに四条河原町に向かったのは、
・・そもそもマチガイだったようだ。
ものすごい人の波で、抹茶屋さんで抹茶アイスを食べるのも
断念して、娘が友達に頼まれていたという「チョコ入りおたべ」
と「ニッキと抹茶のおたべ」と少しばかりのお漬物等をGETして、
そそくさと四条河原町を後にした。

先頭を走る相方と片道40分のチャーリー通学をしている娘は
人の波をすいすいくぐり抜け、鴨川沿いを上っていくが、
二人に続いて走ろうとする私の前には、どういう訳か
おばさま方の波が道いっぱいに広がり、行くてを阻まれる。
「おいていくな〜」と心の中で叫びつつ、必死で二人を追いかける
チャーリー慣れしていない私だった(汗)

無事、梶パーさんに戻り、帰途についたのはいいが、
案の定、高速入り口まで、渋滞。
朝は1時間半で京都まで来れたが、帰りは1時間経っても
京都から出れないという事態に、違う道はないかと
ナビで模索する相方だったが、どこの道を通っても
どうやら、同じのようだった。

行楽日和の秋の一日を京都の紅葉で満喫した私達だったが、
今度シーズンに京都へ行く時は平日にしようね〜と
固く思ったのだった。

天才ファミリー・カンパニー

「のだめカンタービレ」の二ノ宮知子さんの作品。
かなり前にソニー・マガジンズから発刊されていたのもが、
昨年、幻冬舎から復刻されたものらしい。

「のだめカンタービレ」にすっかりはまった私は、
店のスタッフにも貸しまくり、色んなスタッフを「のだめ」ファンにし、
そんなスタッフの一人が「天才ファミリー・カンパニー」を
買い揃えたらしいのだ(笑)

エリート街道まっしぐらの高校生、夏木勝幸が
母の再婚で同居することになった壮介と春に、
ペースを乱されていくのだが、意外な方向に
ストーリーは展開していく。

「のだめ」のギャクも健在で、色々な天才が
混在していて、天才同士の会話のシーンが
私的には好きだな(笑)

最終卷まで読んで、そうかぁ、そういう意味だったんだぁ
・・って納得。
最後のおまけ、有吉も天才だったとは・・。

春のような恋人が欲しい娘と壮介になりたいらしい相方、
そして勝幸の頭脳が欲しい私だ。

リサイクル

先日来、超コミック好きの次女が本の整理を始めた。
・・というのも新しい人気コミックを買いたいがために
今まで持っていた本を売りにだしたいらしいのだ。

次々とシリーズごとに廊下に出される本は
一体、何冊あるの〜っ!?っていうくらい
積み上げられた。

古〜い本もあれば、人気コミックシリーズの
中途半端に集めたようなのもあり、
全巻そろっているのもあるようだった。

姉につられたのか、長男も自分の買い集めた本を
売る事にしたようだ。

三人で軽四に積み込まれた本を
古本屋さんへ運び込む。
その数、なんと約11袋。
きっとお店の人をゲンナリさせたに違いない(笑)

さて、気になる買取価格だが、次女の方が
200冊くらいはあったと思うが、何にいくらの値段が
ついたのかは不明だが、しめて4210円となった。
どうやら期待していた以上の金額がついたようだ。

対して長男の方は数こそ40冊ほどだが、
人気コミックで比較的新しかったため
5500円の買取値がつき、大満足のようだ。

やはり本を売るなら、新しい物をきれいなうちに
・・が、良いようだ。

次は私も本の整理をして、持っていきたくなってきた。
リサイクルすると良いことがありそうだ(笑)

おんなのこの日

何故か職場では「なってもてん。」・・と、
皆(特に主婦の方々)がよく言う。

女同士の会話で「あれ」とか「なってもた」とかで
通じるといえば、もちろん「おんなのこの日」のことだ。

「あの日」の症状といえば、人により様々で、
お腹が痛くなったり(ぐちゅぐちゅしたり、しくしくしたり・・)
腰が重くなったり、何となく気分的にもだるい。
・・というかんじだろうか・・。

自分は人にはあまり言わない方なので、
何故、皆が人に言いたがるのかが、
不思議でしかたがないのだが、おそらく伝える事によって、
「そうなんや〜、しんどいよね〜」という
女性同士ならではの分かり合いが生まれるからなのかもしれない。

45歳の私にもまだ「おんなのこの日」は毎月やってくる。
面倒な「おんなのこの日」も無くなれば、
ホルモンバランスが崩れて体調が悪くなったりするとか
聞くが、もうぼちぼち終わってくれてもいいんだけれど
・・・と思っているこの頃だ。

ストパー その2

ストパーをあてた後、鏡の中の自分を見て
「なんだ、そんなに変わってないやん」って
思っていた私。

昨日、出勤すると会う人ごとに様々な反応。
「うわぁ。」とか「えぇ〜っ。」とか
「髪がまっすぐ〜!」とか「別人みたい」等々。
人から見るとそれほど変って見えるものらしい。

「娘さんとよく似てるね〜。」とか
「幼くなったわ〜。」とか・・。
45歳の私としては幼くなったと言われて
喜んで良いのかどうなのか、疑問なのだが・・。

美容院のお姉さんから、「しばらくは髪を耳にかけたり、
帽子をかぶらないようにしてくださいね〜。」とにこやかに
言われていたのだが、癖というのはこわいもので、
ついつい髪を耳にかけそうになり、慌てて髪をおろす。

ストパーに慣れるのには自分自身もしばらくかかりそうだ。

ストパー

何となく、最近職場でやたらと
人間関係が辛い事多く、沈んでおりましたが・・、
気分転換にストパーなどあててみました。

いつも行く美容院だが、あまり好きではない部類の
お姉さんに当たってしまい、ちょっとショックだった。

この姉さんに当たるのは2回目なのだが、
何と言うか・・、心がこもってないんだよね〜。
流し方とかも雑っていうか・・、顔はすごくにこやか
なんだけど、うわべだけ・・っていう感じで・・。
初めてストパーあてるっていうんで、もう少し
親身になって相談にのってもらいたかったんだけどな。

まぁ、まぁ、でも、パーマをしてくれたお兄さんは
良い人だったし、気分もすっきりしたし、良しとしよう。

ポップス・デビュー

我が家の中3の息子の好みといえば、
サムライ、三国志、戦い・・そんな感じで、
好きな曲もテレビの時代劇のテーマソング。
・・・変な奴だ・・と思っていた。

いつぞや、たまには今流行のポップスでも
聞いてみたら・・という私に、
「俺はそんな曲は嫌いやねん。」と言っていた彼。

そんな彼が恐ろしく急に、
「今、流行ってる曲ってどんなん?」とか言い出して
ビックリしたのは言うまでも無い。

どうやら、クラブの打ち上げでカラオケに行った時に
時代劇の歌しか歌えんでは、こりゃ〜、あかん、と
ようやく思ったようだ(笑)

テレビを買い換えて以来、テレビの上に置けなくなって
しまいこまれていた、年代物のでっかいCDラジカセを
引っ張り出して、オレンジレンジやアジカン等々、
旬なアーティストのCDを姉から借りて、
受験勉強に精をだしながら、曲も覚えようとしている
可愛い奴である。

適当に旬な曲を見繕って彼用スペシャルCDでも
つくってやらにゃ〜、と一人密かに張り切っている母だ。

スカーレット・ウィザード

「デルフィニア戦記」の茅田砂胡さんの作品だ。
前作「デルフィニア戦記」は歴史ファンタジーだったが
一転して、宇宙が舞台のSFファンタジーだ。

物語は主人公の宇宙一の船乗り、海賊ケリーと
大企業クーア財閥のトップジャスミンとの
風変わりな出会いから始まる。

宇宙船を自在に操る人工頭脳や何光年と離れた
宇宙空間へ一瞬で移動できるゲートなど
こんなものがあれば、人類の宇宙旅行の日も
夢ではないかもしれない・・などと思ってしまう。

二人の主人公の周りを囲むキャラ達もまた
楽しませてくれる。

色々な事件に遭遇しながら、お互いに
惹かれあっていくケリーとジャスミンなのだが、
最後には意外な結末が・・。

・・次は「暁の天使たち」シリーズだな。うん。

8年ぶりの再会

先日、高校時代に仲良くしていた友人達に会った。

実は友人の一人のお母様が亡くなられて、
お通夜の席での再会となったのだが、
久しぶりに会うのがそういう場とは
それぞれ忙しく過ごしているうちに
皆、親を送るような歳になってしまっていた
ということなのだろうな。

そのうちの一人は比較的近所に住んでいて
私の働く店にもちょくちょく来るので
顔は合わせてはいるのだが、
他の三人には8年ぶりの再会となった。

皆、ちっとも変わってなくて
皆で集まった時の役割分担(ボケとツッコミ?)も
いつものままだ。

若い時のまま、そのままに素直に成熟した・・
という感じだが、人間関係に苦を感じている私とっては、
そんな皆が、少しばかり眩しかったが
以前のまま、まとめ役を必然的に求めてくる様子にも
辟易している自分がいた。

最近職場でも色々とあったりするせいか
かなり人間嫌いになっているようだ(汗)

落ち着いたら、また集まろうということになったが
一体、誰がまとめるのか・・は、謎だ。

ふらんす料理 和楽

姉・私・妹、それぞれ仕事の休みをもらって集合。
なぜか、娘までついて来たが、神戸市北区の箕谷にある
「ふらんす料理 和楽」で母の誕生日を祝った。

カウンターだけの小さなお店だが、この界隈では
美味しいと評判なのだそうだ。
お箸で食べるふらんす料理屋さんとして
ずいぶん前から知ってはいたものの、
去年の誕生日にはすでに予約がいっぱいで、断念。
今回はとっても楽しみにしていたのだ(笑)

ランチは1500円、2200円、3500円の3コースあり、
今回は2200円のコースにしてみた。

前菜は旬の牡蠣を軽く小麦粉をつけて焼いた
牡蠣のサラダだ。


次に出てきたのはカリフラワーのスープ、カレー仕立て。
まろやかで、とっても美味しい。
あと口に少しピリッとカレーの風味が漂う感じだ。


メインはお肉が魚を選ぶのだが、お肉は子羊のロースト
魚はスズキのパイ包み焼きということだった。
ラムが大好きな私と魚が好きではない娘はお肉をチョイス。
母・姉・妹は魚をチョイスした。
ラムはとっても柔らかで、ボリュームもたっぷり。
もちろんスズキのパイ包みも味見させてもらった(笑)
こちらも、マッシュポテトと一緒にパイに包まれていて
美味しいの一言だ。
ちょっとソースが濃いめではあるが、どちらも美味しい。


最後は洋ナシのシャーベット・バナナのパイ
バニラのカスタードプディングのデザート三種盛り。
お腹いっぱいでも、しっかり食べれてしまうくらい(笑)
どれも美味しい。


グルメな母も満足してくれたらしい。
娘も気に入ったようだ。

平日でもかなりの人気で、行く時は予約していくのが
ベストのようだ。

ふらんす料理 和楽

〒神戸市北区山田町下谷上字藤旗3-2
? 078-583-7999

ランチ  11:30〜15:00(14:00ラストオーダー)
ディナー 17:30〜22:00(21:00ラストオーダー)
定休日/毎週月曜日



  

ロズウェル−星の恋人たち− シーズン2 ★★★★

シーズン1はどちらかというと
異星人マックスとマックスに命を助けられた
地球人リズと彼らの仲間達の学園ドラマ風な
ストーリー展開だった。

途中、ラブストーリーに入りすぎて
キスシーン多すぎっ!ていう場面も
あったが、シーズン2に入って、急速にSF的展開になり、
すっかり「ロズウェル」にはまってしまった私だ(笑)

「24」のような手に汗握る、緊迫した
ストーリー展開では無いが、見始めると
止まらない面白さがある。

アメリカ人ならよく知っている歌や人物なども
でてくるので、アメリカに詳しい人なら
もっと楽しめるかもしれない。

24シーズン3 ★★★★★

すっかりお馴染みなった「24」。
待望のシーズン3が11月3日にレンタルリリースになった。
もちろんvol.1〜vol.3まで一気に借りてきて
食後の後片付けもさっさとやり終え、テレビの前に陣取った(笑)

シーズン1では大統領暗殺、シーズン2では核爆破テロを
阻止してきたCTU(テロ対策ユニット)に勤めるジャックだが、
今回はバイオテロを阻止するために、またも奔走する。

シーズン2ではシーズン1のエンディングが尾を引いて
「こんなのジャックじゃないよ〜」っていう感じの
始まりだったが、今回は初回から事件がどんどん進展していく。

前回から3年後という設定で、前回、無事大統領戦を
勝ち取ったパーマー議員が2期目を狙うという展開で
政治的にも一波乱ありそうだ。

ジャックの娘で、前回、前々回と危険にさらされてきた
キムだが、今回も・・やばい・・、やばいぞ・・。
大丈夫なのか〜、キム〜。

ふぅ〜、やはりはらはらドキドキの展開のようだ。
次のリリース日は11月17日だな。
忘れないようにしないとね

ワンコが病気 その2

夜中に鳴いてはいたものの、ワンコの調子は
前日よりはマシになったようだ。

夕方にもう一度、病院に連れて行った。
義父の軽トラックの荷台に乗せられ
病院に着いたが、前日の事を
覚えているのか、病院の中に入ろうとしない。

先日からの症状を伝えると
やはり、膀胱炎だろうということだった。

どうやら夏頃に散歩の時間を遅い時間に変えて、
トイレを我慢させていたのが、悪かったらしい。
家ではほとんどトイレをしないうちのワンコだが、
我慢してしまう犬は膀胱炎になりやすいということだった。

もう一度注射をうってもらい、一週間分の薬をもらった。
前日4200円、今回8150円、保険がないと医療費は高いもんだな。

我が家にやってきて12年、人間で言えば64歳くらいらしいが、
まだまだ元気なワンコでいてほしい。

ワンコが病気

この2週間くらい、うちのワンコの様子が
ちょっとばかり、おかしい。

夕方、散歩に行った後、しばらくはおとなしいのだが
夜中近くなると、また、トイレに連れて行けと、せがむのだ。
時には、明け方頃に鳴くこともあり、
あんまり鳴かすと、ご近所に迷惑になるので
相方がそっと散歩に連れて行っていた。・・・らしい。

最近では毎晩のことで、相方もかなり疲れてきたのか、
「おまえは幸せやな〜、あんなに犬が鳴いてても
気づかんとグゥグゥ寝とるんやから。」と
イヤミを言われる始末。
実際、毎晩いつの間に、連れて行ってるのかさえ
定かではないから、反論はできないのだが(笑)

犬も歳とってきたし、トイレが近くなっているのだろうと
思っていた私達だったが、今日は夕方の散歩から帰ってきても
ずっと鳴いていて、鳴き方も今までとは違う
何だか訴えかけるような鳴き方だった。

これは様子がおかしい・・っていうんで慌てて
動物病院にかけこんだ。
症状を伝えると膀胱炎の疑いということで
注射をうってもらい様子をみることになった。

しばらくはまだ鳴いていたようだが、
今はようやく薬が効いてきたのか、
ワンコも落ち着いたようだ。

明日もう一度、診察に行くことになっているが
このまま回復していってくれるといいんだけどな。
ワンコといえども、立派な家族の一員だ。

プロフィール

☆やむやむ☆

Author:☆やむやむ☆
マイぷれすからお引越ししてきました。
食べ歩きや雑貨屋さんめぐりが好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR