不定詞toの用法

息子は英語が大の苦手だ。
塾の夏期講習でも基礎から総復習をしているようだが、
不定詞toの用法がどうしてもわからないらしい。

名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法とあるのだが
意味はわかっても、それがどの用法にあたるのかが
何故だかさっぱりわからないらしい。

国語から勉強しなおした方がいいのかぁ〜??
・・・っていう疑問点も無きにしも非ずだが・・・、
あまりにも理解できない息子を前に
英語を理解するのに、何用法にあたるか・・なんて
必要ないんじゃないの〜と思ってしまった母であります。

英文法のこ難しい言葉がなければ、
もっと英語が楽しく学べるはずだ(笑)
スポンサーサイト

久楽 pas de deux

昨日はお休み。テニスもなく、ウロウロとお店めぐり。
先週もランチはしばらくお休みの予定で奮発したんだけど、
今週も何故か、主婦のランチにしては、ちょっとフンパツだ(笑)

玉津インター近くにある「久楽 pas du deux」へ。
ちょうど、どろ焼きが名物の「南風」のお隣だ。
ちょっとお高いが、美味しいらしい。

お店の外観はすっきりとしていて、
知らなかったら、レストランだと思わないかもしれない。
内装は和風。坪庭があってとっても素敵。

ランチは1300円と2100円の和風ランチと1600円の
仏風ランチがあり、悩んだ末、仏風ランチをチョイス。

前菜は大根のサラダ・テリーヌ・うにのパテ
あじのタルタル・・なのかな??
お店の方の説明がなかったのが、ちょっと残念。
 

次にさつまいものポタージュ。
最初はちょっと味が薄い気がしたけれど
頂いているうちに、ちょうどいい味かげん。さすがだ。

メインは鶏肉の香草焼き。付け合せはポテトのソテー。
鶏肉も柔らかく、ソースもだしが効いていて美味しい。


デザートはオレンジのシャーベット。
ピンク色なのに味はオレンジで、びっくり。
でもとっても美味しい。

オーガニックにこだわっていて、パンにも無漂白の
小麦粉を使っているそうだ。
次回は和食を試してみたい。


久楽pas de deux

神戸市西区宮下1丁目5-2
? 078-925-5251

ランチタイム  11:00〜14:00
ディナータイム 18:00〜21:00

定休日/毎週水曜日

タイムライン ★★★

原作は海外文芸の巨匠、マイケル・クライトンで
映画が公開された時から、注目していた作品だ。

100年戦争の頃の遺跡を発掘していた考古学者達が
行方不明になった教授を助けるために
時代を超えて、まさに自分達が発掘していた遺跡を
体感するというものだ。

最初に考古学の講義で説明された100年戦争の経緯や
遺跡の説明などが、うまく過去への布石となっているようだ。

「トゥムレイダー2」でも好演のジェラルド・バトラーや
「ワイルドスピード」のポール・ウォカーらが、いい味をだしていて、
ストーリー自体は読める展開だが、最後まで楽しめた。

最終通告

何やら一通の葉書が私宛に届いた。
なんだろう・・と読んでみると、「最終通告」なんて書いてある。
思わず、「えぇ〜っ、何これ?」と叫んでしまった。

送り主もとてもお堅いところのような感じの名前だし
連絡なければ裁判所に訴えるとか何とか・・。
よく読むと「電子・・・」とかって書いてあり、
これは例の、今、良く言われてるやつだよね。
身に覚えないし・・・。
(身に覚えないのに不安になるから不思議だが・・)

そんな話をしていると、うちにも届いた・・っていう友人。
内容を聞くと、殆ど同じような感じだ。
きっと、こういう架空請求がくることがあるって
知らなければ、ものすごく不安になって、問い合わせていたかもしれない。
恐ろしい世の中だ。・・くわばら・・、くわばら・・。

夏休みは忙しい

夏休みに入ったせいか、店はいつもより朝から親子連れや
子供達で賑わっているようだ。

うちの店の場合、荷物は毎日、朝に届くので、
開店してからの検品作業となるので
当日の最初の荷物が売り場にでるのは、11時頃である。

・・といっても、とっても少ない人数で作業している私達。
まずは雑誌、そのあと書籍、新刊コミックの検品と順番に
こなしていかなくてはいけない。

補充の商品も含めると一日の荷物の全てが店に出揃うのは
早くて3時か4時頃・・ということになるのだが、
お客様はそんなことは知る由もない。

問い合わせ、注文、全ての事がいつもの倍くらいの
多さで押し寄せてくるのだ。

この2〜3日で小学生向きのドリル類がとても売れていたり、
読書感想文のためか「蹴りたい背中」や「蛇にピアス」
などが売れているのは、夏休みならではの傾向だろうか(笑)

のだめカンタービレ

うちの店でもコミックは一番の売れ筋だが、
例にもれず、私もコミック大好き人間だ。

二ノ宮知子さん著の「のだめカンタービレ」
この前から気になっていたのだが、1巻を読んで
いきなりツボにはまってしまった(笑)
古本屋さんを巡り、足りない巻は新刊で買い、
一気に9巻読破した。

簡単に言うと音大を舞台にしたラブコメなのだが
天才千秋君に魅せられ、集まってくる奇才キャラ達が
笑わせてくれる。

特に天才でありながら、ジレンマに陥っている千秋と
枠にはまらない感性のピアニスト、のだめこと
野田恵の二人の行く末が楽しみだ。

コミック担当ではないにもかかわらず
「これは平台展開でしょ〜っ!」と
密かに展開してしまいました(笑)

Bistro Comme tu veux(ビストロ コム・チュ・ヴー)

今日は猛暑の中、テニス。
はっきり言って、かなりキツイ。
最後の方のゲームはボールを追いかける
気力無し・・って感じだ。ふぅ〜(汗)

夏休みに入るので、テニスは9月まで休みになる。
今日のランチははちょっと奮発して、大のお気に入りの
ビストロ「コム・チュ・ヴー」へ。
場所は県立明石南高校のグランドのすぐ横あたり。
ちょこっとヒサシのでてる可愛らしいお店だ。
 

本場フランスで修行してきたシェフが、ランチタイムは
一人で調理からサーブまでこなしていて、
お料理の説明もしてくれる。
気取らない感じの味のあるシェフだ。

テーブルにもシェフがアレンジしているのか
いつもさりげなく可愛らしいお花が飾られている。
 

以前はパスタランチ2種とミールランチ2種だったのが、
7種盛りのアラカルトランチかアラカルトのメニューになっていた。
色々食べてみたい私達、迷わず、アラカルトランチをチョイス。
1600円でパンと食後のドリンクがついている。

本日のアラカルトランチのメニューは冷製パンプキンスープ
オクラのサラダ・生ハムメロン・スパニッシュオムレツ
ラタトゥイユ・サーモンのポワレ・レバーのパテ
 

ここのシェフの味付けは上品でコクがあって
どれもとっても美味しい
パンプキンスープはしつこすぎず、まろやか。
レバーのパテはハーブがきいていて
カリカリに焼いたパンと一緒にいただくと最高。
(レバー嫌いの友人はお気に召さなかったようだが・・)
なのに、ほんの少しのデザートがついていると
もっと嬉しんだけど・・と思ってしまう、欲張りな私だ(笑)

ランチとディナーの空き時間にお料理教室もしていて、
お料理好きの友人は興味津々のようだ。

COMME TU VEUX

明石市明南町2丁目18-15
? 078-924-8277

ランチタイム  11:30〜14:30
ディナータイム 17:30〜22:00

定休日/月曜日

ゴーヤの肉詰め蒸し

ゴーヤといえば、健康にもとっても良いという評判で
最近スーパーでも良く見かけるようになってきた食材だ。
何度かTRYしてみたが、食べるたびに、やっぱり苦くて
あまり我が家の食卓にはのぼらなかったのだが・・、
どういう訳か、今年は相方の父がゴーヤを作っているらしく、
しょっちゅう、家にころがっているのだ。

「ゴーヤチャンプルー」が最も有名なゴーヤ料理だが
最近「ゴーヤの肉詰め蒸し」というレシピを見かけ
早速作ってみたら、苦味もそんなに気にならずに
まぁまぁ、美味しくいただけた。

材料

ゴーヤ・・・・一本
豚ミンチ・・・200〜300g
片栗粉・醤油・玉子・ごま油・生姜・ねぎ・水・だしの素

作り方

1.ゴーヤを2cm幅くらいの輪切りにし、中のわたをくりぬく。
2.豚ミンチ・片栗粉・醤油・玉子を混ぜ合わせよくこねる。
3.ゴーヤの真中にこんもりと?を詰める。
4.耐熱皿にのせ、ラップをして、レンジで7〜8分加熱する。
5.鍋にごま油・みじん切りの生姜・小口切りのねぎ・水50cc
 だしの素少々・醤油を加え、加熱する。
6.レンジで蒸しあがったものに、?のたれをまわしかけて
 出来上がり。

※この料理にはあまり関係がないが、ゴーヤは中のわたを
 きれいに取り、なるべく薄く切り、塩もみしてから
 調理するとと苦味が比較的、マシになるようだ。

ちなみに息子は去年ダイエットに効くと聞いて作った
まるごとゴーヤジュースがあまりに不味かったため
以来、ゴーヤが大嫌いになったしまったようである(笑)

PS 本屋散在日記様のゴーヤのお話にトラックバック。
         ↓
http://www.mypress.jp/v2_writers/odoriko/story/?story_id=1164526

塾デビュー

今日は、息子の初めての塾体験の日だった。
・・といっても、授業があったわけではなく
夏期講習のオリエンテーションである。

・・・帰ってきて開口一番・・、
「テンポ速すぎで、俺、ついていかれへん。」という息子。
配られたプリント類を見たが、どうやら志望校に対する
合格水準などを示した表などのようだ。

「俺、理解力ないんかな〜」とへこみ気味だが、
まぁ、私が見てもどう見るの??って思うような表なので
仕方ないのかもしれない(笑)

塾慣れしていない彼にとっては、夏期講習は
少々きつい試練になるかもしれないが、
無駄にはならない筈だ・・と信じたい。

陸上部の方も今日はちゃんとしたトラックで走り
タイムを測ったりして、楽しくなってきているようだ。
相方は学生時代は陸上部だったので、何やら二人、
珍しく気が合っているらしく、話も弾んでいるようだ(笑)

クラブと夏期講習の両立は難しい・・と感じているようだが、
両方とも充実したものになってほしい・・と願う母であります。

キューティブロンド2 ★★★

前作はお馬鹿っぽい映画かと思いつつ観たら、
意外や意外、面白かったので、シリーズ2作目は
リリースになるのが待ち遠しかった作品だ。

ストーリー的には現実にはこんなにとんとん拍子には
いかないだろう・・とか、無理やりもっていき過ぎ
という感じもあるが、全体を通して、リーズ・ウィザースプーン
演ずるブロンド娘エルの、常識を打ち破るような、
ポジティブシンキングがとっても楽しい。

何でもそうだが、こうでなければいけないとか
前例にないとかいうような、固定観念から
解き放たれると、また違った見方ができるのかもしれない。

間違っている事を間違っていると
ちゃんと自分の意見を言えるようになることこそ
大切なことだ・・と語るエルの演説シーンが
印象的だった。

震度 1

2日程前、久しぶりに地震があった。

突然のドンッ!!という音・・、
実際には震度1だったのだが、机をしっかりと
両手で持って構えてしまっていた(汗)

一気に9年前のあの日が甦ってきた。
恐怖の記憶というのはすごいものだ。

あの日もいきなりのドンッ!!という音で
目が覚めた・・・。
トラックが家に突っ込んだのかと思うような
音と衝撃だった。
その後にもの凄い揺れ、鉄筋のこの家が
まるでおもちゃの箱のように、ユッサユッサと揺れ動いていた。
動こうとしてもとても動けない状態だった。
心臓が縮むっていうのはこういうことを言うんだな・・と
変なところに納得したが・・。

さいわい、誰も怪我もなく、家もヒビがいったり、
ところどころ壁が落ちたりしていたが、生活には支障が
ないくらいだったが、何年経っても、ドンッ!!という音と
揺れには敏感な私だ。

テニス&懇談

普段、働いていると、平日の休みの日は
銀行めぐりにお買い物・・と何かと忙しい。

いつもの如く、娘を駅へ送り届けながら、テニスへ。
今日は都合悪い人が多かったため、参加者は4人。
この炎天下、休憩なしは、ちょっと厳しい。

ストロークの後、ボレー&ボレー。
人数が多いとなかなか出来ないため、たまには
良いかもしれない。
その後はサーブ練習。スクールに通っていたメンバーが
新メンバーに少しアドバイス。
トスはなるべく高く、ラケットはできるだけ後ろから降りおろし、
ボールは自分の身体より少し前辺りで叩く・・らしい。
なるほど・・。・・理論はわかったが、実践は難しいようだ(笑)

今日は楽しみのランチはパスして、昼からは息子の三者懇談だ。
このまま成績が下がらなければ、大丈夫のようだが、
第一志望にはまだまだ頑張らないと、難しそうだ。
家ではまぁまぁ喋る彼だが、先生にはかなり無愛想。
中学生を受け持つ先生も大変だな。
ともかくこの夏の頑張りが彼にとっての「鍵」になりそうだ。

うちの店の売れ筋?

久々の連休を堪能した後は、気分もすっきりで
仕事も楽しく、精が出る。

うちの店での今の売れ筋をちょこっと紹介。
「世界の中心で愛を叫ぶ」「冬のソナタ」この2作品は
相変わらず、強い。

「冬のソナタ」関連で言うと、韓国俳優の数人の写真集
「The man」もあっという間に売り切れ。次回は15日重版上がり。
なので、きっと今週末か来週あたまには書店に並ぶはずだ。

養老さんの「バカの壁」「死の壁」も売れつづけているな〜。
「バカの壁」を途中で放棄している私には理解できない現象だ(笑)

若いお客さんが多いためか、「Deep Love」シリーズも
一時、足踏み状態だったが、また動きだしたようだ。

最近注目なのが奈須きのこさんの「空の境界」(上・下)
あと尾崎哲夫さんの「私の英単語帳を公開します!」
アレックス・シアラーの「チョコレート・アンダーグランド」などが
のぼり調子かな。

脳の活性化に興味が多いのか川島隆太教授の「脳を鍛える
大人の音読ドリル」と「計算ドリル」もかなりの売れゆきだ。

宇佐美百合子さんの「がんばりすぎてしまう、あなたへ」や
竹本聖さんの「ありがとう。の本−special edition」など
癒し系もちょこちょこ、売れつづけてる感じ。

この2〜3日は「最驚!ガッツ石松伝説」の問い合わせが
やけに多いらしい。TVの影響力はすごい。

自分が「これだ!」と思って注文した商品が売れると
非常に嬉しいが、お客様の動向を読むのは
なかなか難しいものだ(笑)

Troy ★★★★

念願の「Troy」を観てきた。
今月の16日で上演が終了するようだ。

どこまでが歴史的事実なのか、どこからが伝説なのか
良くわからないが、ホメロスのイリアスに強く影響を受けて
作られているらしい。

ブラッド・ピット演ずる戦士アキレスは美しく、気高く
敏捷で、眼光鋭く、40歳とは思えない肉体美&迫力だ。
今までのブラピとは一味違う。

対するオーランド・ブルーム演ずる王子パリスは
オーランドファンには少しガッカリする役どころだが、
ストーリー的には重要な人物となっている。

ギリシャの戦士アキレスとトロイの王子ヘクトルの二人の
戦闘シーン、アキレスとトロイの王プリアモスが語り合う
シーンは特に見応えのあるものだった。

アキレスの最期の涙の意味は、愛する者を守れた涙なのか、
戦いから開放される涙なのか・・。

戦いたくなくても戦わなくてはいけない。
戦いはいつの時代も残酷で悲しい。

細木数子 六占星術

今日は珍しく土曜日のお休み。

相方は友達に連れられて、仁川にある阪神競馬場へ。
何でも指定席(冷暖房完備だそうだ)をとるために
早朝から出かけた。
初めての競馬場体験だったが、
あまり実入りはなかったらしい。ん〜、残念。
おこぼれには預かれないようだ(笑)

長女はバイト、次女は模試、息子は塾の夏期講習の
学力診断・・と皆、忙しそうだ。
ついでに、母もアッシーで忙しい(笑)

夜にTVで細木数子さんの特番をやっていたので
2時間みっちり観てしまった。
毎年、年末になると次の年の六占星術の本が発売に
なるのだが、いつも飛ぶように売れる。

ちなみに私は金星人(−)、今は大殺界で冬の時期。
新しい事を始めたりはしないほうが良いそうだ。
本を読んだだけでは良くわからないが、
細木数子さんがビシッと本音で語ると
もの凄〜く、真実味をおびてくるから不思議だ。

部活動、再燃??

夏の大会も終わり、部活動も引退し、
今までとはうって変わって、時間がたっぷりある。
毎日、ゲームをしたり、本を読んだりと
のんびり過ごしていた息子だったが、
昨日、陸上部に入りたいと言い出した。

こんな中途半端な時期に入部・・なんて
ありえるのだろうか??
聞くところによるとどうやら陸上部は
11月まで大会があるらしいが・・。

陸上部の友達に勧誘されたらしく、早速練習に参加してきたようだ。
かなりキツかったらしいが、何だかとっても楽しそうだ。
もともと走るのが好きな息子に火がついてしまったらしい。

「受験生」ということだけ、しっかり釘はさしておいた(笑)

英雄〜HERO〜 ★★

下馬評ではかなりの大作ということだったが、
私にとっては正直言って期待はずれな作品だった。

映像、色使い、ワイヤーワーク、壮大な景色
中国独特の剣術やアクションなどは、どれもとても素晴らしく
それなりの見所もあったが、それに反して
ストーリー展開は・・・ん〜??・・という感じだ。

ストーリーは秦国王を狙う刺客と秦王との
やり取りの中での回想シーンがメインで
回想シーン毎にテーマ色が決まっているようだった。

ワイヤーワークによって様々なアクションが可能になったが
「グリーンデスティニー」にしろ「マトリックス」にしろ
あまりに現実離れしていては、感動もかえって
薄れてしまうのかもしれない。

Trattaoria VERDI(トラットリア ヴェルディ)

今日は暑かった〜。
先週の蒸し暑さとは違う、真夏の暑さ・・とでも
いうのか、テニスコートに立ってるだけで
ジリジリと焼け付きそうだ。

今日のテニスは自分なりには快調。
あっつ〜・・かったわりには、ちょっと気分が良い。
同じように毎週テニスしてても、なんだか
上手くいかない時とスパスパ良いショットが
決まる時がある。・・不思議だね。
ボールが良く見えてる時は身体の反応も良いようだ。

今日のランチは明石市鳥羽にある「トラットリア・ヴェルディ」で。
ちょっと前からこの道を通るたびに気になっていたお店だ。
とっても静かでシンプルで良い雰囲気。

前菜の盛り合わせ・パスタ2種より1品選択・パン
デザート・ドリンク付きで1300円という
ナブッココースをチョイス。

前菜はローストポークとレタス、あさりの酒蒸し
パブリカのマリネの盛り合わせ。とっても
可愛くて思わず写真をとってみた。
 

友人はえびのラグー(えびをミンチ状にしたものらしい)
和えパスタ、私は牛肉のピリ辛ソースを選んでみた。
えびのラグー和えはトマト風味、牛肉の方はオリーブオイルと
にんにくがきいていて、どちらもとっても美味しい

デザートはキウィのシャーベットとチョコレートの
アイスクリーム。キウィのシャ−ベットは
初めてだが、ほんのり甘くて美味しかった。

良いお店を見つけたね〜と友人と二人
久しぶりに大満足だ。

Trattaoria VERDI

明石市鳥羽1746-3 サニーデイ103
? 078-929-7170

ランチタイム 11:30〜14:00
ディナータイム 17:00〜21:00

定休日/月曜日(祭日の場合は火曜日)・第3火曜のディナー

追記:最近はいつも閉まっているので、やめちゃったのかも・・。残念。
   (2006/09/06現在)



踊る大捜査線THE MOVIE 2 ★★★

初めて「踊る大捜査線」をドラマで観た時は
結構マジな推理物が好きな私には
非常におちゃらけた刑事ドラマに思えたものだ。

今までのドラマやTHE MOVIE 1を観ている人にしか
わからない仕掛けがたくさん映画の中に盛り込まれて
いるらしいのだが、全く観てない私にはどれが
仕掛けなのかさえ、さっぱりだったが、
それなりに笑えるところもあり、まぁまぁ
面白かったというところだろうか。

キャリアとノンキャリ、警視庁と所轄
対立しながらも、信頼できる上司がいるかどうか
ということが、組織においては重要であること。

日本においては何をするにも緊急時でさえ
法律にがんじがらめにされている状況。

はたまた、最新の防犯カメラや盗聴設備で
私達のプライバシーが失われつつある可能性など
上手く描かれていたと思う。

お買い物♪

今日は夕方、所属するボランティアグループ
(殆ど実活動はしていなのだが、永年会員=辞められないのだ)
の総会があったため、三宮へ久しぶりに出かけた。

「私も休み〜♪」と何故か張り切ってくっついてきた娘の
目的は・・、バーゲンだったのだ(笑)

最近はバーゲンの時期も早いが、皆も良く知ってるので
いたるところでごった返している。

まずは、元町で下車し、大丸へ。
続いてBAL、三宮センター街のお店を覗きながら
センタープラザ2階へ。
どうやら娘の好きなお店があるらしい。
最近流行りのガーゼ素材の長めワンピ購入。
続いて2軒目で白の大きめカジュアルバックを購入。

VIVRE、○Iを巡って、そごうへ。
そごうでは大好きなANASUIのショルダーを
見つけて40%OFFで購入。ご機嫌だ(笑)

そごうの東南にあるコム・シノワ・オネストカフェで
ちょっと休憩。
ブランジェリーの奥がカフェになっていて
ブランジェリーで買ったパンやケーキを持ち込んで
食べることができる。

娘はスムージーと抹茶シフォン、私は
コーヒーとチーズタルトをチョイス。
チーズタルトはレモンの風味が効いていて
とっても美味しい。
抹茶シフォンはもう少し抹茶の味が
濃くてもいいかなという感じかな。

一息入れたところで、JR三宮駅前のOPAを巡り
高架下のお店を通って、元町へ。

一周したところで、金券ショップで帰りの
チケットを買う。ここも結構な人だかりだ。
普通に買うよりも90円安く買えるというのだから
利用しない手はない。(皆、賢い)

そこで娘と別れ、総会に参加したのだが、
娘が気に入ってる店と私が良く行く店では同じ店が
結構あったりした(笑)面白いもんだな。

久々に買い物を満喫したな。
バーゲンと名が付くと何故か気が大きくなる気がする(笑)

息子の夏

昨日から始まった市総体。
3年生にとっては中学最期の大会だ。

昨日の一回戦は良い展開で勝ち抜けた。

今日の二回戦は前回優勝校との戦いで
奮闘したものの、力及ばず・・息子の夏の大会は終了した。

思いおこせば、去年、三年生が夏の大会で引退した後、
練習試合などのたびに、親も当番があり、
朝早くから遠くの学校まで出かけたこともあった。

長女はテニス部、次女はバスケ部だったが
どちらも試合を見に行った時に差し入れしたくらいで、
親が手出しをすることはほとんどなかったと記憶している。

今も他のクラブでは親の当番などはないようだが
何故か野球部は他校に行っても
お母様方がお茶をいれたりしているようだ。
高校でも親の当番があるというし、
野球部の伝統なのかもしれない(笑)

息子にはこれから高校受験にむけて、ますます
頑張っていかなきゃいけない夏が待っているが、
毎日のユニフォームの洗濯から
開放される母は、ちょっと嬉しいかもしれない。

三つの水槽

去年、姪が遊びに来た時にすぐ近くにある
小川でメダカをつかまえてきた。
家で飼うとかで、何匹か持って帰ったのだが、
おいて帰ったメダカを娘達が飼い始めた。
(そういえば、昔からそういうの好きだったな〜)

ある日、水槽があるから・・と、夏祭りの出店で
金魚すくいをした娘が、金魚をもらって帰ってきた。
一緒にいれちゃ、まずいよね、きっと。
(金魚もらってくるな、と、ずっと言ってたはずなんですけど・・)

そして冬のある日、娘が誕生日のプレゼントにと
白いザリガニを友達にもらって帰ってきた。
(何で生き物を誕生日にくれるのさ〜)

そんなこんなで、水槽が三つに増えてしまった(笑)
金魚用は深めの丸い水槽。
メダカ用は横長で水流ができるようになっているらしい。
メダカ達は水流に逆らって泳いでいるようだ。
ザリガニ用は成長とともに、本日、今までより少し大きめの
横長で少し浅めの水槽を購入。

水槽の水を換え、新しい水草をプレゼントして
ちょっとすっきりしたな。
住みやすくなっただろうか。

巷では、カクレクマノミがブームのようだ。
「ファインディング・ニモ」の影響大??(笑)
プロフィール

☆やむやむ☆

Author:☆やむやむ☆
マイぷれすからお引越ししてきました。
食べ歩きや雑貨屋さんめぐりが好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR