Casa BRUTUS特別編集 ガウディと井上雄彦 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)


去年、テレビで見て以来待っていた
ガウディ×井上雄彦展がいよいよ兵庫県美術館にやってきます。

スペインに行ったことないんやけど(笑)
去年、スペインに行った息子のガウディ建築の写真をみせてもらい、
本物を見てみたいなぁと思うようになりました。

開催中に長女の出産が重なりそうやけど、
絶対に行こうと思ってますw

このタイミングで発売のCasa BRUTUS。
ガウディと井上雄彦さんの特集です。
ちらほら売れてます♪

Casa BRUTUS特別編集 ガウディと井上雄彦 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)Casa BRUTUS特別編集 ガウディと井上雄彦 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)
(2015/03/10)
マガジンハウス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

(日めくり)まいにち、修造! ([実用品])


去年、素晴らしい成長を見せてくれた錦織圭君。
その時、同時に注目を浴びたのがこの人(笑)

修造塾は私もいつも観てて
いつもうまいこと練習方法考えるな~。
とかうまいこと言うなぁと感心してますw

幼い圭君の素質を見抜いたのもさすがです。

そんな影響でかこちらのカレンダーが売れてます。

(日めくり)まいにち、修造! ([実用品])(日めくり)まいにち、修造! ([実用品])
(2014/09/06)
松岡 修造

商品詳細を見る


年末年始は品不足で、
少しの入荷で、またすぐに売れてしまうって感じでした。
さすがに二月になってカレンダーを買う方も減ってきてたんやけど、、
今日は何故か立て続けに二冊売れました♪
お二家族とも探してらして、やっと見つけた。。
ってそんな感じでした。

お客さんの探し物が見つかった時って
こっちまで嬉しくなる♪

このカレンダーね、実は、いつからでも始められて
毎年使えるカレンダーなんです。
修造さんの熱い(笑)言葉が31枚収録されていて
一か月で一巡するっていうことなんですよ。

今からでも遅くない!
修造さんの熱い言葉に励まされたい方はぜひ♪

実は、私もちょっと欲しい(笑)

赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)

赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)
(2008/02/26)
ルーシー・モード・モンゴメリ

商品詳細を見る


この超有名な「赤毛のアン」
実は読んだことなかったんですね~(^^ゞ

でも何故かカナダのプリンスエドワード島が舞台で
アンの住む家がグリーンゲイブルズだってことは知ってました(笑)
テレビのアニメも観ていなかったんだけどね~。

朝ドラの村岡花子さんがあの時代に
どんな翻訳をされてたんだろう。。と興味が湧いて
読んでみました♪

ファンタジーやSF好きなんで、こういう系はなかなか
読み進まなかったんですが、
アンってちょっと変わっているけども賢い女の子だったんですね(笑)

物語に出てくる場面が色々とドラマ中にも
シンクロさせていたんですね~。
おじいやんの口癖の「そうさな。」っていうのも
マシュウさんの口癖で、物語を読んでる間中
「そうさな。」は石橋漣司さんの声が響いてました(笑)

情景の表現力はすごいな~。
これはモンゴメリがすごいのか、
村岡花子さんがすごいのか。。。
見たことのないカナダの景色を
訳すなんて、ムツカシイことでしょうね。

「赤毛のアン」のシリーズは結構長いんですが、
最後のモンゴメリの遺作11巻だけお孫さんがされているみたいです。

このドラマで意外にもすごい売れ行きとなったのが
花子さんの生涯の友、白蓮さんのことを書いた
林真理子の「白蓮れんれん」

当時、このかけおち騒ぎは大変なものだったでしょうね。

ドラマ中のかけおち騒ぎが落ち着いてきたのに伴って
「白蓮れんれん」の売れ行きも落ち着いてきましたw

白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)



白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)
(2014/02/20)
湊 かなえ

商品詳細を見る


最近の売れっ子作家、
湊かなえさんのこの本。
かなり売れています。

湊かなえさんの本は
「告白」しか読んでない。
あれね、静かな語り口やねんけど
めっちゃコワカッタんよね。

映像化もされたけど
実写化したら、さらにコワカッタ
松さん上手かった。

湊かなえ=コワイっていうイメージで
あれ以来読んでなかったけど
店スタッフのナカっちさんが貸してくれたので
読んでみました~。

うぅ~~~むむむ。

語りかける形式。
一つの事を色んな人が語る。
なんとなく「告白」を思い出すやん。

しかし、ある時点で、
いきなり犯人わかって、
どっひゃ~~。

もうちょっと犯人誰やろ~?
って想像させて欲しかったな~。

後の方にネットのSNSのやりとりみたいなのが
あったけども。。。

後でコレを読んでも。。。
って思ったのはアタシだけかしら??


映画は面白いんでしょうね~。 きっと。。。

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


注目のこの作品、先日、映画が公開されましたね~。
戦争物にしては珍しく冬にロードショーでしたが、
かなり映画としても良い作品になっているんでしょうか、
原作があっという間に売切れてしまいました。

原作がいくら良くても映像化作品がいまいちだと
全く売れませんからね~。

かくいうワタクシ、戦争物は苦手で。。。
原作にもなかなか手が伸びません(^^ゞ

今年も先週いっぱいで配送もストップ。
いつもの年末通り、売り場もパンパンです。

年始のお里帰りの用でしょうか。
それとも連休の楽しみでしょうか。
男性の方に読み物が良く売れています。

疾風ロンド(東野圭吾)やら感染遊戯(誉田哲也)
「永遠のゼロ」の著者百田さんの幸福な生活
なんかが人気のようです。

年賀状本も去年よりは売れている気がします。
クリスマスが終わると一転して
年末モードまっしぐらですからね~。
なんっせ6日しかないし(笑)

我が家も餅つきも終わり
あぁ~、今年もあと一日やなぁって感じです。

今年はいつもにも増して何もできてない 何故だぁ??
今まではそんな感じでも夜も頑張って準備してましたが
何だかそんな根性もなくなってしまった。
まぁ、なんとかなるでしょう。
元旦からお店も開いてることやし、ねっ(爆)

NEXT≫
プロフィール

☆やむやむ☆

Author:☆やむやむ☆
マイぷれすからお引越ししてきました。
食べ歩きや雑貨屋さんめぐりが好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR